薬剤師の転職:会社員で年収1000万円になる方法 高収入は可能? 求人の特徴

業界事情

薬剤師で年収1000万円の求人は紹介されるのでしょうか。仕事、転職のおすすめを記事で解説します。薬剤師はとても安定した職業の一つであり、あまり失業することもありません。薬剤師は平均年収よりもはるかに収入は高いのですが、500万~600万のあいだであたまうちにもなってしまうけいこうがあります。それでは年収1000万以上を薬剤師が稼ぐことは可能なのでしょうか。

薬剤師の一般的な年収の現実

薬剤師の現実は500万~600万で止まってしまうことです。一般的に求人を見ると、以下のように市場価値はある程度決まっており、これ以上は望めないことが良くわかるでしょう。これをみると、一見難しいように見えるのですが、製薬企業、CRO企業に関しては不可能ではありません。以下の年収はいわゆる役職がない方の年収になります。一般職で残業で稼ぐわけでなく、管理職を希望して、昇進し、キャリアで実績がないとなかなか難しいです。

調剤薬局450~600万円
病院400~550万円
ドラッグストア450~650万円
製薬、CRO企業650~800万円

薬剤師が年収1000万になる方法

以上のように大半の薬剤師は雇用形態が正社員で年収1000万になることはありません。しかし全員が絶対に慣れないというわけでもありません。年収1000万になる方法は以下のような手段で実現することが可能になります。自分だけでなく、キャリアアップのために医薬品分野の知識を深めたり、昇給するためにサポートも必要になることもあります。営業などは薬剤師に向いていないので意外と難しい印象です。総合してキャリアプランは男性のほうがいろいろ選択肢があります。

起業

そもそも雇われではなく、自分が起業してしまうという手があります。フリーランスは低収入で苦しんでいる方が多いですが、開業して運営会社で1回経営者になってしまい、事業が成功してしまえば利益は総取りになります。そのため年収1000万は十分可能です。ただし起業した会社の7割は3年以内につぶれていくと言われていもいるのです。求人情報に応募する必要もなく、研修もないのですが目指すなら支援なしで自力で上がっていく必要があります。臨床検査技師、理学療法士など異なる兼業でやる方もいます。

CRO企業の役員レベル

CRO業界は比較的入社がしやすいです。CRO企業の平社員では難しいですが、役員クラスになれれば年収は1000万以上になります。もちろんCROといっても中堅企業から大手企業に限定されてしまいますので、かなりハードルは高くなります。一部コンサルタントの人材などだとお仕事上担当者が経営陣と面談機会も多いので、立場や待遇により昇進チャンスもあります。興味が幅広いとチャンスは多いです。

外資CRO企業の幹部職以上

CRO企業は内資と外資ではかなり大きな差があることが分かっています。外資のCRO企業、特にアメリカ系のCRO企業の場合は内資よりもはるかに給与が高い傾向にあります。外資CROは解雇されてしまうリスクも上がりますが、特別な幹部社員クラスになると年収1000万以上は十分に狙うことが可能になりますので魅力です。勿論語学力も必須になるでしょう。参考として能力がつくと月収も上がりますし年齢差別もありません。制度により考慮されますので安心です。

内資CRO400万~500万
外資CRO500万~700万

MR

MRとは医薬品情報担当(Medical Representatives)の略で、病院の医師や調剤を行なう薬剤師に、「製薬会社が製造した薬に関する情報を提供」する仕事です。製薬業界における、医師や薬剤師を相手にした営業職でこれらの職業は激務でプライベートもないと言われますがとても高給でもあります。現在、部門として成果を残せば賞与も上がり、CRAなどモニターよりも高い1000万円近い高収入も狙うことができるのです。休日は減りますが方針として様々な働き方が可能です。

製薬企業の幹部社員以上

製薬企業の薬剤師は、平均年収1000万円超えが可能です。と言っても、中堅から大手企業の製薬企業に限定されます。大手製薬会社への入社は極めて難しく、研究開発や臨床開発どちらにしてもかなりの難易度になりますので、CROで経験を積んでから転職するのが一般的です。中小企業の製薬会社では年収1000万円超えはまず不可能です。新卒でもノウハウを積んでスキルアップをしていけば幹部に認定され登用されていきます。

平均年収
武田薬品工業1,025万円
第一三共1,139万円
エーザイ1,048万円
大塚ホールディングス1,098万円
アステラス製薬1,113万円

薬剤師×副業

会社員と副業を行って年収1000万越えを達成する方法があります。Webライター(業務委託)の場合は即日でお金が発生しますが、それ以外の場合は、コンテンツを育てるまでに半年から1年程度の時間がかかってしまうのがネックです。さらにどの職種であったとしても、全員必ず成功するという確約があるわけではありません。業種が違いますが、自己で管理できるようになるとマネージャーなどよりも稼げます。

職種内容、難易度
ブログアフィリエイト初収益が発生するまでに半年以上かかる
Webライター1文字単位で報酬が発生する
YouTube初収益が発生するまでに半年以上かかる
Instagram初収益が発生するまでに半年以上かかる

ブログアフィリエイト

現状アフィリエイトは、自分でブログ、webサイトを運営し、広告収入を得る稼ぎ方。アフィリエイトは、ブログが検索エンジンに認識されるまでに3か月以上かかることが多く、初収入は半年から1年はかかります。報酬額が0円のまま記事をコツコツと投稿していかなければならないので精神的タフさが求められるのです。市場を理解し、専門性を極めて一人で収入を確保できるようになれればかなり楽に稼げます。

YouTube

YouTubeは「再生回数×0.05~0.1円」の広告料が発生し、10,000回再生で1,000円ほど獲得できます。YouTubeの場合はまず視聴者をどうやって増やしていくのかが最大の課題になります。ある程度人気が出てきたら企業案件を依頼されるので、企業から報酬を得られるようになるので大きく稼げるでしょう。若手でも評価されていけば柔軟に稼げます。

Instagram

Instagramは自分のルックスに自信がある方にお勧めです。Instagramで収益を上げるためには、画像や動画を定期的に投稿し続けられるかどうかが重要です。ライバルが多く今から参入してトップを狙うのはなかなか難しくなっています。30代以上の世代が独立して高額を稼いで上手くいっている方が多い印象です。平日、祝日限らず活動することになります。

Webライター

Webライターは仕事を受注できれば今すぐに収入が発生します。薬剤師の場合は医学や薬学の知識に長けていますので、受注することは簡単かもしれませんが、労働というサイクルからは絶対に逃げられません。初心者ライターの平均文字単価は、1円~1.5円と大きく稼ぐことはできません。気軽に始められますが、総合的に書き方スキルを上げていかないとなかなか稼げません。

転職エージェントを利用

上記のような年収1000万を狙えるような製薬企業やCRO企業の場合は、求人がそもそもほとんどありません。そのため転職エージェントを使うことが一般的です。転職エージェントは無料で登録し、活動することが可能ですので、ぜひ活用してみましょう。転職エージェントは面接対策や履歴書添削も行ってくれますのでとても便利です。全国にありますが地域によっては在宅の仕事もあります。エリアによっては年間の給料アップも可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました