薬剤師の転職:派遣とアルバイト(パート)の違い どちらがいい? 働き方メリットとデメリット 徹底比較

業界事情

薬剤師の派遣とアルバイト(パート)の働き方違いについて、選択のメリットや条件など徹底解説をします。薬剤師としてブラックが長い方であったり、そもそも業務未経験である場合は、いきなり正社員になることが難しい場合があります。そんなときに、派遣か、パート、アルバイトのいずれかを選択するケースが多いかと思います。それではどれが一番いいのでしょうか。

未経験者の場合はアルバイト

薬剤師の方が未経験でまずは就業をしたい場合は、まずアルバイト、パートがおすすめになります。これはアルバイトなどであれば、求人に「未経験者可」と記載されていることがとても多いからです。同様にブランクが長すぎる薬剤師の方にもおすすめです。パートとしてしばらく働いてから正社員を目指すというのがとても無難で、かつ可能性の高い手段になります。それに対して派遣社員の場合は即戦力を希望するケースが多いため、未経験者は避けられやすいです。

派遣とアルバイトの違い

それでは次にアルバイトと派遣の違いについてまとめました。店舗や大手企業、中小企業によっても環境は変わりますが大体は以下のようになります。募集などを見ても以下のような傾向が見られ、やはりスタッフの待遇に違いがあります。学生だと勤務日数、形態やシフト調整が簡単なアルバイトを選択するケースが多いです。派遣社員は調剤などの仕事が人気でガッツリ働くケースが多いです。

アルバイト
パート
派遣社員
雇用先直接雇用派遣会社
勤務時間応相談応相談
有給休暇とりにくい取りやすい
雇用期間有期雇用有期雇用
雇用の安定性安定不安定
時給2000円~2800円~
社会保険労働時間による加入が多い
入社難易度低い高い

雇用先

アルバイトやパートの場合は、もちろん直接雇用になりますので、第三者が仲介することはありませんので自由です。これに対して派遣会社の場合は派遣会社に雇用されることになります。人材派遣をすることで、派遣会社は大きなマージン料を取っています。そのため労働者は損をしているという見方もできます。派遣の倍はスキルを要するケースが多く、人材は労働だけでなく自身で興味を持って学ぶ姿勢、勉強が必要になります。

勤務時間と有給

アルバイトやパートの場合、直接雇用になることから、企業の上司にすべての指揮権があるため、勤務時間も有給もあまり自由度がない傾向にありますので支援が必要な状況もあります。これに対して派遣社員の場合は、派遣会社が介しているため、派遣先の上司もあまり言えない一面も持っているため体制がしっかりしており効率的な業務ができ、融通が利きやすいです。在宅勤務ができる職場であれば土日でも問題なく業務ができるのでかなり楽です。

雇用の安定性

アルバイトやパートの場合、直接雇用で、かつずっと働けるケースがとても多いです。これに対して派遣社員の場合は、派遣社員と派遣会社の雇用契約、さらには派遣先と派遣元の契約があるため、融通が利きにくい一面を持っており、労働者に非がなくても、契約終了になるケースがあるため、リスクになります。また派遣社員のほうが高収入で稼げるのですが知識やスキルを問われるケースが多いです。

入社難易度

入社難易度は圧倒的にアルバイトやパートが要件が少なく、有利です。これは未経験でもOKであることが多いからです。そしてそれは給料によく現れています。これに対して派遣社員の場合は、即戦力を希望しているケースが多く未経験やブランク有の場合は避けられてしまいます。その一方で今後交渉して高い給料を望めるケースがとても多いです。

社会保険

社会保険は雇用形態に関わらず、基本労働時間次第になります。労働時間が短い場合ですと、社会保険は付かないです。選び方としてある程度定期的な勤務時間のあるところを確保するのが最適でしょう。複数選択肢がある場合は社会保険加入を選択することで会社が通常保険料を折半負担してくれます。

派遣社員の場合

パートとアルバイトの違いは上記になりますが、派遣社員の場合実はいくつかのケースに分岐されます。派遣の場合はプライベート時間がやや制限されますが給与が高くなる傾向があります。社員の休暇取得などは職場や地域エリア、職種によります。派遣会社のコンサルタントとの関係も重要になるでしょう。掲載されている求人紹介のときに検討のポイントを教えてくれます。

一般派遣

一般派遣とはいわゆるレギュラー派遣となり、長くフルタイムの勤務形態、役割を前提とした派遣になります。契約期間は3か月周期で更新されることになり、このたびに折り合いがつかなければ契約満了をもって終了となります。ただし就業時間は産休や育児などあっても原則柔軟に働けるようになり、休みも充実で教育や研修なども役立ち、安心です。長期で稼ぎを得られる傾向もあります。残業、人間関係や雰囲気など詳細は勤務先でさまざまです。

単発派遣

名前の通り、ある一定期間だけ働く契約がこの派遣になります。大体の場合は必ず1日から数日のスポット重視の契約になるため短期間で給与は単発で社会保険もありませんのでここがポイント。緊急を要することが多いため、どこの医療職場でもすぐに担当として業務ができるくらいの経験やスキルが求められます。調剤薬局などでは患者対応だけでなく薬の調合や服薬指導、電話や事務作業などもあります。量が少ないので探し方が難しいです。

紹介予定派遣

紹介予定派遣とは、派遣ではあるものの、正社員雇用を前提とした雇用形態になります。つまり最初は派遣ですが、3か月後、もしくは6か月後に正社員雇用となり、派遣先との直接雇用に切り替わるというものです。他と比べてキャリアアップやスキルアップもできて正社員であれば福利厚生制度や各種待遇サービスもそれぞれ魅力です。このルートで転職実現、収入アップに成功する方も多いです。

仕事探しはエージェントがおすすめ

派遣、アルバイトごと、どちらを選ぶにしても基本的に転職エージェントはとてもおすすめです。色々な雇用形態に対応しており、採用情報もとても多く探すのが便利です。特徴として待っているだけで仕事が紹介されます。登録は無料ですので、まずはしっかりカウンセリングから受けることをお勧めします。専門のキャリアサポートが受けられます。履歴書などの添削も行っています。

雇用形態は豊富にある

エージェントの求人ではアルバイト、パート、派遣までさまざまあります。運営では大手からベンチャーまで様々な求人がありますのでニーズに応じた応募が可能。年間でも定期的で常に新着求人があるため、ライフスタイルに合わせた会社への転職が可能です。スポット派遣や単発のアルバイトもありますから、保育園に子供を預けながら働くこともできます。

職種も多様

もともとエージェントではあらかじめ色々な業界の求人を持っており、製薬業界から調剤薬局、ドラッグストアなども比較的多くあります。注目の企業の求人もあります。やりがいを持っている方にはおすすめでしょう。お仕事は育休、産休、転勤の有無など希望の条件から今すぐ案件を探せます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました