薬剤師の転職:英語力を活かせる職種は? 職場で勉強は必要?解説

業界事情

薬剤師で転職の際、英語力について職場で必要なのか勉強のメリット、必要性を記事で解説します。薬剤師の中には海外の文化や歴史などに興味を持ち、英語の勉強を始める方も多くいます。そしてある程度英語力が付いた段階で、仕事に活かしたいと思い始めるでしょう。そこで薬剤師が転職できる職種の中で、英語力を活かすことができる職業はどのようなものがあるのかを紹介します。

英語を使用する薬剤師の求人

薬剤師という時点でかなり求人数が絞られてしまいますが、これに外国語を使うという条件も含める場合は、求人数がかなり減るのが実態です。しかし以下のような企業では英語をミーティングで使用したり、文献で使用したりするため、勤務経験がなくてもチャンスがあります。詳細情報は求人次第ですが、要件の低いものもあります。人材サービスでサポートを受けるという手段もあります。

【30日間全額返金】2ヵ月で英会話を劇的に変える!

海外で薬剤師として働く

最初にある選択肢としては海外で薬剤師として働くことです。海外で活躍する日本人は年々増加しており、海外在留邦人の数は2009年の約113万人から、10年後の2019年には約141万人に増えています。この理由としては日本自体の没落と日本自体の給料が上がらないという問題が深く関与しています。東南アジア圏では日本人の薬剤師が常駐する薬局もかなり多くなっています。ただし、一部の国を除くほとんどの国では自国の薬剤師資格を必要とします。あらためて薬剤師認定試験を受ける必要があります。

参考元 : 政府統計

外資系製薬企業

外資の製薬企業では、多数の薬剤師が活躍しています。研究職や臨床開発職で活躍しているのですが、会社のSOPが英語であったり、外国の支社とのミーティングで英語を使用することも多いです。臨床試験の文献が英語であることがほとんどですので、英語力をフルに生かした仕事をすることが可能になります。採用のハードルは高いですが、社内でキャリア支援も行っています。希望するキャリアへ向けて教育されることもあります。

外資系CRO企業

外資の大手グローバル製薬企業では、製薬企業と同様で多数の薬剤師が活躍しています。CROはContract Research Organizationの略で、製薬企業から医薬品開発の仕事を受託している会社になります。治験実施計画書や仕様書類などが英語になっていることがほとんどです。さらにミーティングも英語を使うことがとても多いのです。CRO業界はエリアが東京都か大阪府に限定されます。正社員雇用が多いですがメーカーに比べると、未経験も応募歓迎されます。研修はあまりありません。

空港薬局

空港内薬局は旅行に訪れた外国人の方が買い物や相談に訪れる場所です。様々な国の外国人が訪れる場所であるため、日常会話以上の英語力は必須のスキルで、使用する機会はとても多いです。英語を活かしてグローバルな環境で働きたい方にとっては非常に魅力的な環境です。給与制度はあまり充実していません。大手はグループ企業があることもあります。

観光地のドラッグストア・調剤薬局

東京や大阪、京都、北海道など外国人が多く訪れる場所のドラッグストア、調剤薬局では、英語を使う機会が多くあります。観光地は特に外国人が多いですから、英語を使用する機会は必然と増えていきます。店舗や販売、患者対応の経験を問われるケースが多いです。福利厚生はいまいちですが、全国に求人があり、新着掲載も多く、スキルアップもできます。

起業やフリーランス

ちなみに、転職するというわけではなく、起業やフリーランスになるということもあります。この場合は、ビジネスで英語などの外国語を使う可能性が十分あります。フリーランスの場合は、自力で対応しなければならないことも多くありますので、語学力はあった方が圧倒的に有利と言えるでしょう。求人情報などは以下の記事を参考にしてください。

英語力を生かして転職

英語力を生かした仕事はそもそも数があまりありません。そのため、できるだけ多くの転職エージェントに登録をして機会を待つしかないです。できるだけ多くのエージェントに登録をしておいて、機会を待つようにしましょう。webから無料で登録ができます。コーディネーターが医療従事者向けの最新求人を持ってきてくれます。年間休日120日、週休2日、400万円以上の求人など様々です。在宅勤務などもあります。地域によって案件数は上下します。

英語力を磨くメリット

英語力はどのように役立つのでしょうか。薬剤師が英語力を磨くメリットについてまとめて解説していきます。現場によっては英語を使うこともない期待できない職場もあります。海外出張などがあればよいですが、医薬品の製薬会社のように国際提携をしているような事業会社であるかどうか、薬の専門知識が活かせるかがポイントでしょう。コミュニケーションができるレベルで説明して専門のことを話せるレベルになればかなり役立ちます。

スピークバディ パーソナルコーチング

給料が上がる

英語力がある場合、給料が上がります。当たり前ですが、周囲と差別化できて、希少価値が高くなりますから、相対的に給料が上がることになります。もちろんこれが2言語、3言語と多くの言語を使えるようなレベルになればもっと給料は上がっていくでしょう。そもそも日本は給料が低い国です。欧米の企業のほうが給料は高いです。

外国人へ服薬指導

外国人が調剤の薬局にやってくる機会も日本ではとても増えています。そんな中英語を使えない薬剤師が、困っている姿を何度も見たことがあります。しかしあなたが英語ができれば外国人相手でも指導することができます。オンラインでも知識があれば理解できるように説明できれば仕事になります。重要なのはしっかり説明する場面で自身でお仕事において、話せる力があるかどうかが大切です。担当者は役割として副作用、処方、健康、薬剤などの悩みにも正しく応じる力が求められます。

海外旅行

基本的にスタッフが英語ができるようになると海外旅行も気軽に行けるようになります。語学ができない方だと、日本の旅行会社がやっているツアーなどに必ず参加して旅行する方が多いですが、目的によっては1人で旅をするということも可能になります。今後、タイミングによっては外国人観光客と話す機会があるかもしれません。

転職先の幅が広がる

単純な話になるのですが、英語圏への転職ができるようになります。英語は世界で最も使用されています。アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、シンガポールなど英語を使っている国はいくらでもありますから、それこそ失業するリスクを抑えることができるようになります。低賃金の日本から脱出したい方は語学習得はとてもお勧めになります。またTOEICで高得点を取得できるならスクールなどでも講師として勤務できるでしょう。

国際恋愛、結婚

もし現在、国際結婚や恋愛をしている方は、将来相方のいる国へ移住する可能性もあるでしょう。語学が出来なければ躊躇してしまうケースはとても多いと思いますが、できるようになればまったく気にならなくなります。外国で生活を検討している方はぜひ語学の習得にチャレンジしてみるといいでしょう。毎日発信すると大きく力がつきます。基礎は書籍などで学ぶことがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました