薬剤師の転職:未経験の転職 何歳まで可能? 年齢制限 ポイント解説

業界事情

薬剤師の転職において歳の年齢制限はあるのでしょうか、記事で紹介、解説します。というのは一般職に比べるとかなり容易であることはよく言われていることです。ただし、薬剤師であろうと、未経験職種への転職は、業種や職種次第ではかなり難しいと言われています。何歳まで就職ができるのかも含めて記事にしています。

未経験が挑戦可能な職種

一般的に薬剤師は就職先がとても多いです。ただしいつでも転職できるわけではありません。未経験でも挑戦ができる職種は以下のものと言われています。意外と思われるかもしれませんが、とても多いことが分かります。ただし製薬企業における採用は未経験の場合だと、面接にすらいけず年齢だけで弾かれる可能性はあるので注意です。専門性のある同じ薬剤師でも無敵ではありません。調剤、ドラッグストア、病院がメインになるでしょう。人気の大手でも条件が合えば求人情報はありますのでチャンスがあります。

  • 調剤薬局の薬剤師
  • ドラックストアの薬剤師
  • 病院薬剤師
  • CRA
  • MR
  • CRC
  • 管理薬剤師
  • 医療系転職コンサルタント

未経験が挑戦できない職種一覧

未経験だとなかなか採用してもらえない職種は以下のような職種になります。共通点として言えることは、専門性がとても高いこと、薬剤師としてよりも職能がとても重要になること、さらには人手不足ではないことなどが挙げられます。全く関係ない職業に関しては、職業次第になります。希望はあってもサポートがあっても薬に関係ない職種は厳しいケースは多いです。30歳を過ぎると中小企業でも書類の確認で弾かれる可能性もあります。

  • 大学病院の薬剤師
  • 研究職
  • 薬事
  • 全く関係ない職業

年齢制限はある?

薬剤師の資格は国家資格であるため、他の職業に比べて就職や転職が有利になりますが、必要により職場によって年齢制限を求人の情報で設けていることがあります。年齢制限は未経験者に対して適用されることが多く、経験者に対しては寛容になる傾向があります。別の職種と異なる仕事ですが、医薬品の専門の仕事であり、雇用においては探すさいは年齢よりも経験が重視されます。キャリアの募集、掲載の際は特にそうなります。

総合病院

総合病院は薬剤師は夜勤もあり、業務が忙しく、未経験者を教育する暇があまりありません。急性期の総合病院になると、経験者でも弾くことが多く、若い方を望む傾向にあります。病院の場合は新卒薬剤師が求人に多く応募してきますが30代あたりで足切りしてくることが多いですので不安はあります。患者対応ができるかもポイントです。女性が多い職場で全国に職場があります。

企業薬剤師

企業薬剤師は大半が20代の若年層をターゲットにしています。そのため40代に入ってしまうとスキル面重視で未経験が活動しても足切りされてしまう傾向にあります。60歳くらいの年齢が高くなるごとに転職の難易度も上がってしまいます。強みがあれば交渉で、待遇面で大きく優遇を受けられる可能性もあります。

製薬会社

製薬会社もCRAなどの一般臨床開発職は経験者に対してはとても寛容で歓迎なのですが、未経験者に対しては30代を過ぎてくると、不利でだんだん厳しくなってきます。大半の企業は未経験者の応募は30代あたりから厳しくなってきます。キャリアアップ目的か、実績があるか、活躍できるフィールドが見つけられるかどうかがポイントです。

パート・アルバイト雇用

しかし例外もあります。パート・アルバイト雇用になると、途端に年代に対して寛容になります。これは契約社員や派遣社員の場合も同様になります。50代や60代での転職を考える場合、定年のないパートやアルバイトでの職探しをした方がいいでしょう。幸いなことに薬剤師の場合はパートやアルバイト雇用となったとしてもとても時給が高く、時給2000円以上は望めるのです。求人情報は完全に時期問わずいつでもやっています。これは人手不足だからです。

フリーランス、起業

転職とは関係ありませんが、フリーランスや起業と言う分野もあります。勿論大半の人は3年程度で廃業しているという事実もありますが、成功すればかなり経済的な自由を得られる可能性がありますのでお勧めです。チャレンジする価値はあるのではないでしょうか?もちろん成功は保証はされていませんが、小さくビジネスを始めてみるというのもありだと思います。知識や経験は必須ですので、ある程度実務経験をしてから独立をしましょう。65歳以上の方が目指す選択肢としてもありです。書類選考も面接もありませんから、自分次第です。

できるだけ早めの就職

今この時点が人生においてあなたが一番若いときになります。薬剤師の中には「何歳から転職しようか、タイミングを考えている」という人が見受けられます。しかし、もし未経験職種に挑戦したい場合は今すぐに動いたほうがいいです。上記でも説明した通りなのですが、専門性が高い職種になればなるほど、年齢で足切りされてしまいます。以下に薬剤師とは言え、転職市場では年齢が高いほど最適な職場へ就職するのが難しくなります。

年齢不問の求人は少なくなる

現時点では調剤薬局やドラッグストアでは年齢不問の求人はとても多くあります。しかし将来的には年齢不問の求人は少なくなるであろうと予測されています。その理由の一つとしては薬剤師の数が増えていること、2030年代をピークにそれ以降は薬剤師の需要が減っていくと予測されているからです。できるだけ早めに動いて、あとから後悔しないような人生を歩むようにしましょう。

未経験者に優しい就職先

未経験者にとって優しい就職先は何と言っても以下の企業になります。規模によりますが給与もそこそこで時間もそれほど厳しくなく、求職者は安心して働ける環境です。総合してみると人手が足りないので制限もすくなく中小や地方でも充実した仕事ができます。雇用形態はブランクがあるとどうしてもパートや契約社員のスタートが多いです。

薬局

薬局は、現状田舎になればなるほど人手不足になっています。そんな背景もあってか、人では常に足りない状況が続いています。これもあってか、薬局勤務の場合はハードルも低く、非正規雇用であれば未経験者でも採用してくれるケースはとても多くあります。結論、積極的にうごけば地域によりますが履歴書さえ出せば採用してくれるところも多いです。70歳以上の方でも採用されるケースがあります。

ドラッグストア

ドラッグストアも未経験者が挑戦しやすいです。ただしドラッグストアの場合は夜勤が伴うケースも多くあります。これはドラッグストアが24時間営業しているケースがあるからです。そのため、ドラッグストアの場合は夜勤も考慮したうえで応募することをお勧めします。給料は高めで期間も長く勤められます。

病院

病院も比較的未経験者が挑戦しやすい分野です。ただし病院は上記2つに比べるとやや給料が低い傾向にあるため、あまりおすすめできないです。しかしそうはいっても需要はとても高い状態ですから、チャンスはじゅうぶんあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました