薬剤師の転職:直接応募と転職エージェント 求人採用はどっちがメリットある?

業界事情

薬剤師の転職は直接応募が良いか、エージェントが良いか、メリット、デメリット、方法、条件、求人活動はそれぞれです。薬剤師の転職は比較的容易とされていますが、自分ですべて段取りすることが面倒と感じる人も少なくありません。そんなときによく使われるのが転職エージェントです。転職エージェントは多数の求人を持ってきてくれるのですが、これがリスクになる場合もあります。直接応募と転職エージェントどちらがいいのでしょうか。

結論は本人の性格、希望次第

結論から言ってしまうと、本人の性格次第、希望しだいになります。自力ですべて解決をしたがるタイプや転職に慣れている方は直接応募のほうがいいです。その一方で、不安を持っていたり転職活動が初めての方、情報収集をしたい方は、転職エージェントを使用したほうがいいでしょう。現在は調剤などのお仕事は給与も充実してきており、気軽に応募可能です。一人で特化したスキルがあれば有利です。店舗、勤務時間や残業などの制度により休暇も一般よりたくさんとれます。

直接応募と転職エージェントの違い

直接応募と転職エージェントの違いはどのようなところがあるのでしょうか。活動形態の違いについて書いていきます。主には登録後において選考のサポートをするかどうかの違いがあります。転職エージェントの場合は非公開掲載求人の紹介や人気求人紹介、スケジュール管理、キャリア支援のサービス、有利に入社成功をするための担当者サポートがあります。

直接応募の場合

直接応募の場合は求人探しから応募、さらには採用の条件交渉までをすべて自力で行うことを指します。求人情報自体は、求人サイトや薬局のウェブサイトなどを見ればいくらでも転がっています。しかしあれもこれも興味が出てしまい、どこへいったらわからなくなってしまったり、悩んでしまうことも多いです。自分で迷うことなく、全て決めきれる人であれば直接応募でいいでしょうが、なかなかそうもいかないケースが多いです。

転職エージェントの場合

転職エージェントは丸投げできます。求人探しや面接の調整、さらには採用条件の交渉などをすべて実績のあるエージェントが代行してくれるためです。何でも自分でやりたがる人には全く向いていませんが、優柔不断であったり、転職未経験の場合は、転職エージェントを使用したほうがいいです。時間を節約できるのが最大のメリットなので、特に忙しい方は利用したほうがいいでしょう。募集している求人をアドバイザーがノウハウなどを求職者へ連絡しながら、コストなしで支援を受けられます。

何故転職エージェントを選ぶ人がいるのか?

転職エージェントを選ぶ薬剤師の方はとても多くいます。その理由としては忙しい方であったり、悩んでしまって決断ができない方であったり、さらには転職活動に不慣れな方も含まれています。そんな方々にはどのようなメリットがあるのでしょうか。リクルートエージェント、マイナビ、DODAなどがありますがどうでしょうか?

製薬業界

製薬メーカーやCRO企業などはそもそも企業の数自体がとても少ないのが特徴です。そのため、製薬業界の場合は転職エージェントを使うケースがほとんどです。高給の製薬業界へ転職したい場合は、できるだけエージェントを活用することが望まれます。自力で求人を見つけることはかなり難しいです。特に大手はweb情報だけで探すのは難しいですので悩みを抱える方は多いですので丁寧なプロのサポートが必須。

口コミ情報を教えてくれる

転職エージェントは求人情報に書かれていないような裏の情報を持っていることが多いです。直接応募の場合、求職者が見えているのは紙面上の条件などですが、ネガティブな情報は採用企業は絶対に見せようとしません。転職エージェントはそのような裏情報も教えてくれるため、応募者は総合的に判断して応募するか考えることができます。また業種ごとに将来性なども伝えてくれます。ミスマッチを避けるためのフィードバックもあります。

自分に合った求人

転職エージェントは仕事紹介に慣れたベテランが多く、ヒアリングをすることで、自分に合った求人というものを勝手に持ってきてくれます。しかし直接応募の場合は、自己分析ができていない方だと、自分に合っていない求人を見つけて応募してしまうケースも多くあります。転職エージェントを使えば第三者の視点も混ざり、よりマッチしやすい求人になるのです。

履歴書や職歴書の添削

転職エージェントはあなたの使う履歴書や職務経歴書など両方の作成、添削作業も無料で代行してもらえるのです。良い点や悪い点を洗い出し、修正箇所を教えてくれるのです。修正をしていくことで、魅力的な書類になり、書類選考率が上がります。この点は直接応募の場合はできないことですから、かなり魅力的な点になるでしょう。さらにエージェントは採用企業へ推薦状を書いてくれます。

模擬面接

転職エージェントでは、面接対策として模擬面接も実施しています。模擬面接を受けることによって、ウイークポイントが明らかになったり、答え方のポイントをアドバイスしてもらえたりするので対策を打つことができます。この点は直接応募の場合はできないことですから、かなり魅力的な点になるでしょう。事前に採用の進め方、面談、評価のされ方、熱意意欲の伝え方も教えてくれます。

条件交渉

転職エージェントでは正社員内定が決まった際の自身の年収交渉を代行してくれるケースが多くあります。これはなかなか直接交渉がしにくい話でしょうから、とても安心できることかもしれません。誰でも年収は高い方がいいに決まっているでしょう。また不採用の場合は詳細、理由も教えてくれます。今後の面接へ向けてリアルな対処法もしっかり教えてくれます。

紹介料がかかる

転職エージェントには1点デメリットと言うか、具体的に言うとリスクもあります。これはハローワークとは違って基本的に紹介料がかかるからです。紹介料報酬がかかるということはその分、転職エージェント経由での採用は、採用までのハードルが高くなる可能性があります。企業側からすれば採用するごとに費用が発生する関係があるので、それなりの人材を確保したいと考えるのです。

転職エージェントを使わなくて良いケース

ではこの逆で転職の専門エージェントを使わなくて良いケースというのはどのようなケースになるのでしょうか。以下のような例があります。やりとりなどすべて自分でコントロールしたい方、進め方を自分で少しでも明確にしたい方、数多く応募したい方は自力で活動しましょう。全国の地域によっては在宅の業務ばかりで見学すらできず確認もできないケースもありますので注意です。

志望企業が決まっている時

どうしてもこの会社しか行きたくないという場合があるときは転職エージェントを使う意味はありません。なぜなら特定の会社に拘るのであれば、定期的に会社のHPを訪問して、採用が始まったタイミングで応募すればいいからです。敢えてエージェントを通して面倒なことをする必要がありません。中途採用のタイミングを待ちましょう。やり取りは直接となり、代わりにやってもらうことはできません。

転職経験が豊富な場合

転職経験が豊富な方はそもそも、転職の仕方や流れが理解できているため、敢えて転職エージェントを使用する意味がないでしょう。転職サイトの使い方も熟知しているわけですから、どのような裏があるかもわかっているはず。そんな方は直接応募でそれぞれハイクラス求人に挑戦したほうがいい結果を得られやすい傾向にあると言えるでしょう。信頼できるかどうかもわからないスカウトやコンサルタントの推薦は不要です。

経験職種で探す場合

もともと、自分が就業していた分野で転職をしたい場合は、ある程度内輪のコネクションで転職していく方も多くいるのが実態です。その場合はあえて転職エージェントを使う理由もありませんので、この場合は自力で動いたほうが話は早いでしょう。提案をもらわずともキャリアアップは自力で可能です。年収はスキルアップしていけば500万円、600万円以上も可能です。

時間が空いている場合

ある程度自分の時間を確保できる方である場合、転職活動は自力で行うケースも多くあります。時間が空いている方はとても余裕がありますので、転職活動は優位に進めることができるというメリットがあります。案件は幅広いし、多くの取り扱い求人から土日、シフトなどの休みから自由に待遇を重視して選択できます。無駄がなく目指すうえで選択肢が多いのでほぼ最適な環境を実現できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました