薬剤師の転職:40代,50代,60代以上は転職、再就職が可能か?未経験の求人はある?

業界事情

薬剤師の方は40代、50代、60代でも有利に経験を活かした転職、求人を探すことは可能でしょうか?薬剤師は薬剤師免許を持っているととても就職に強いです。少なくとも、一般人よりは就職には困ることがまずありません。キャリアを積んできた薬剤師が転職したり、再雇用されたりする可能性はあるのでしょうか?これはその人の状況によっても変わってきます。

40代,50代,60代の転職は可能?

中年以降の薬剤師になると、体力面が落ちてきたり、年齢の面で採用企業から嫌われやすいのではないかという懸念があります。これまでと同様の働き方がつらく感じる時期でもありますが、その一方で家庭内のイベントが落ち着く年代でもあるでしょう。子育てなども終わることで、定年後の生き方を考え始める時期でもあることから、自身にとって有効な働き方を考える機会としてはとてもいい時期です。そこで中年以降の薬剤師は転職することは可能なのでしょうか?転職する際にいくつかのパターンが考えられるためそれぞれで、答えを書きます。

経験職種への転職

通常の転職市場ならば中年以降の年代は厳しいです。しかし薬剤師は仮に定年後であったとしても転職はとても容易です。パート雇用であったり、派遣でも働くことができます。薬剤師免許があれば、経験職種へ転職は可能です。これには背景があります。薬剤師の場合、他の一般職に比べると求人がとても多いのです。以下の記事でも紹介していますが、薬剤師は就職先がたくさんあります。

さらに、厚生省の資料によると、医師・薬剤師を含めた有効求人倍率は2倍もあります。この理由としては上記で挙げたように就職先となる職種や、業種がたくさんあることから、とても転職が簡単なのです。他の職業と比べても医師・薬剤師は求人が多く、人手不足の業界です。

未経験職種の場合

中年以降になってからの未経験職種への転職は少し難易度が上がってきます。例えば製薬(医薬品)企業で働いてきた方がドラッグストアへ転職となると、環境が変わるため本人も戸惑ってしまうでしょう。さらに給料も落ちる可能性は高いです。特に製薬企業で勤めていた方は給料がとても高いので、異業種へ移動していくと確実に給料が落ちます。この点を加味してでも、転職したい場合は問題ありませんが、考えていない場合は、採用条件書を見たときに絶望することになるでしょう。

どちらかで大きな違いがある

言わなくてもわかると思いますが、未経験と経験者では活躍するまでに限りなく大きなハードルがあります。未経験なら、登録販売者など資格を取得するなど自分の経歴をサポートしておくことが必須です。面接や仕事探しの場合はどうしても経験が重視されます。新卒でもなければクリニックでも病院でも経験が重視されがちです。内定までいくには対策が必須。

学歴が必要な仕事もある

製薬企業の仕事では研究分野で理系のなかでもかなり要件を絞るケースもあります。そのため新規で仕事を見つける際はもちろん専門性が高ければ要件も高くなるので門前払いの可能性もありますから注意しましょう。派遣社員でも専門の分野で経験があれば即戦力で大きくチャンスはあります。転職理由をそれなりに綺麗にしても、やりがいのアピールだけでもなかなか社員になれないケースもあります。

中堅世代以降の有力な転職先はどこなのか?

中堅世代以降の転職先は今までのキャリア次第でもありますが、以下の転職先は基本的に未経験でもチャンスがあります。スキルアップや良い条件での転職などは難しくなっていきます。またシニア層になると週5日勤務も長く働くことが厳しくなるでしょう。一方で、経験を買われて、優遇されるケースもあり、ノウハウなどを後継者に伝授するために指導者として採用されるケースがあります。

調剤薬局

調剤薬局は最もシニア層の有力な再就職先です。服薬指導や調剤をやる人は人手不足になっており、正社員の業務要員は不足気味。ブランクあっても歓迎と言う募集はたくさんあるので中堅世代以降でも十分チャンスがあります。希望があればパートで週に1日とかでも就業が可能です。全国に求人があり、雇用形態もなんでもありますし休日も店舗によって様々です。地方のほうがワークライフバランスが良いケースもあります。

ドラッグストア

ドラッグストアも激務ですが、人手が常に足りません。エリアによりますが専門職であるので、駅チカ、高い手当で年間休日120日以上、福利厚生も十分な環境の求人が多数あり選択できるほど充実してます。研修もしっかりしていることが多く、通勤もアクセス良い所にあるケースが多いですのでチャンスは十分あります。医療機関よりは好待遇。関東や大阪府だと店舗も複数あり、40歳でもチャンスがあります。利用者も多いですから慢性的に人手不足です。

薬剤師過剰になる

将来的に薬剤師の数はどんどん増えていき供給過多になると言われています。これに伴い現在は簡単だと言われている薬剤師の転職も10年後は難易度は上がっていると予想されています。この背景として挙げられるのは薬学部が増えたことで、薬剤師になりたがる人が増えたのです。2030年代以降までは薬剤師の需要は伸び続けるので、そこまでは安泰ですがそれ以降は需要が減っていくと思われます。


Source : 000772130.pdf (mhlw.go.jp)

中年世代の転職における注意点

中年以降の世代における転職は20代などの若い時期よりも選ぶさいに大きなリスクを伴います。それは就職における人気や難易度というよりも給料や環境などの2次的な要因によって苦労する可能性があるということです。具体的には以下のようなことがあります。しかし薬の知識が豊富にあり、成長してうまくいけば管理職などでキャリアアップもできて600万円以上の年収も実現可能です。

年収が下がる

これは特に製薬業界にいる方が異業種へ転職していくパターンや、未経験職種へ転職していくパターンがそれにあたります。年収が下がると生活レベルも落としていく必要が出てきてしまいます。それでもいいのであれば問題ないのですが、それを許容できる人はそれほど多くはないでしょう。誰でも生活レベルは落としたくはありません。またスタッフはサービスにおいて残業もあるかどうかで変わります。探すさいは夜勤なども加味して給与を見る必要があるでしょう。

役職が変わる

現時点で役職が付いている方は転職先では役職がなくなる可能性もあります。これによってあなたの置かれる立場も変わります。今までは指示する側であったのが、指示される側になるのです。これによって上手く職場に順応できなくなる方も多いです。契約が短期のアルバイト採用になるケースもありますので賞与がないこともありえます。バイトだと年収500万円を維持することも難しくなるのです。お仕事において専門のスキルがあるか、30代などよりも人材として価値があるかがポイント。

上司が年下

転職をすることで、上司が年下になるケースもあるでしょう。特に違和感もないのであれば問題ないのですが、年を取ると人間はプライドが高くなりがち。職場で色々な問題を起こしてしまう方もいるため注意です。上司から教育を受けるケースもあります。特に製薬会社の管理の仕事は少なくとも知識も要求され、男性も女性も特に負担が増えるので考慮しましょう。

勤務環境の変化

薬剤師が転職できる新しい転職先はとても多いのですが、転職先によって勤務環境、時間は大幅に変わります。入社してある場所では土日が休みだったのが、シフト制になってしまうこともあるでしょうし、転勤があることもあります。さらに夜間勤務が発生する可能性もあるでしょう。そんな環境の変化に自分が付いていけるのかよく考えてみてください。会社の雇用形態が一般の正社員でなければ勤務時間は応相談になるでしょう。

福利厚生の変化

実務や高収入かどうかだけでなく、特に女性の場合は福利厚生に気を付けましょう。地域、会社によってはチャレンジするにあたって柔軟に育休産休などの支援が大手でもないこともありえます。求人情報を見て事前に確認しましょう。社会保険完備、年齢不問などが最低条件となるでしょう。転職エージェントを利用する場合は事前にコンサルタント担当に、体制、昇給有無、社宅有無、待遇、託児所有無などこだわり条件の確認ができます。

老後について考える

40代以降の中堅から高齢者の年代になると、老後のことを考える必要があります。これからは人生120年時代と言われていますが、死ぬまでに十分なたくわえがあるかどうかをちゃんと計算することが大事です。特に年収については、定年退職後のことまでシミュレーションをしてから転職するかどうかを考えるべきです。そしてあなたが子供を持っているか、親の介護が必要なのかによって、さらなる資金のねん出が必要になる可能性があります。

転職先の情報を入手

転職を実際に決断するときは、対応するには事前に転職先の情報を手に入れ、検討することが大切です。こういった情報は、転職エージェントサイトに登録してアドバイザーに相談することで新着の情報が容易に手に入りますので、相談してみるのがおすすめです。転職エージェントなどを利用して活動することが好ましいです。転職した後に「こんなはずではなかった」というパターンが最悪です。できるだけ最悪のパターンは避けるようにしてください。

今後は70代以降の労働者も誕生か

将来的には人間の寿命がどんどん延びていくとみられています。これに伴って労働できる期間も延びて行くと予想されており、70代になっても、80代になっても現場で働くような方がどんどん増えていく社会になるとみられています。そのため、今若年層、中堅層の方は100年以上の人生を想定して生きていくと考えたほうがいいでしょう。

定年は延びていく

恐らく人間の不老化、抗老化が進んでいくと思われますので、これからは定年はどんどん伸びていくと予想されています。そのため、60代で引退と言ういままでの定説は覆されていくのではないかとみられています。そのため、今後は再雇用制度がかなり進んでいく、もしくは定年が伸びていくという2択が考えられるでしょう。

起業する方もいる

近年は薬剤師も多様化しており企業も終身雇用が不可能であることに気づいています。これもあってか、企業も副業を認めるケースも増えており、起業する薬剤師も増えています。フリーランス薬剤師というものが最近は出ています。人間関係に疲弊して選択肢として起業して1人で能力を活かす方もいます。コミュニケーションも不要でさまざまな働き方があります。国家資格があれば好条件で1人でも満足できる仕事があるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました