薬剤師の転職:フリーランス薬剤師とは? 特徴と年収

業界事情

近年の日本は色々な働き方が浸透するようになりました。医療関係の職種は比較的保守的な職場ばかりですがフリーランスで働く人が増えているのも事実です。薬剤師で最近フリーランス薬剤師という者が登場しています。どのようなものなのでしょうか?

フリーランス薬剤師とは?

フリーランス薬剤師とは特定の会社と雇用契約を結ばず、個人事業主として働く薬剤師のことを指します。薬剤師業務に限らず、薬学関係の執筆業なども兼任する方が多くなっています。つまり色々な業務を行うことができる薬剤師がこの働き方をするようになったということになります。

仕事内容

薬局などで働く場合はフリーランスでも正社員でも大きく仕事の内容は変わりません。これは執筆業も同じで、Webライターと変わらないことをします。フリーランスと従業員の最大の違いは、仕事の種類です。従業員は調剤薬局であれば薬局の仕事しかしません。しかしフリーランスの場合は調剤薬局の仕事もしながらWebライターもやるということです。

つまりフリーランス薬剤師の場合は本人の能力次第でいくらでも掛け持ちができますし、年収も上げられるということになりますので、良くも悪くも本人次第の能力によって決定されると思ったほうがいいです。

フリーランス薬剤師と派遣薬剤師の違い

フリーランス薬剤師と派遣薬剤師は混同されることが多いです。違いがあるとすれば契約内容だけ。仕事内容は同じです。派遣薬剤師は派遣元の企業と契約を交わして、派遣会社から紹介される薬局などで業務をします。フリーランスの場合は薬剤師本人が就業先と業務委託契約を結びます。

フリーランス薬剤師の年収

フリーランス薬剤師の年収は本人次第になります。Webライターもやって、投資もやって、さらに薬剤師業務も行うということが可能になりますので、本人の能力次第でいくらでも年収は伸びることになります。

その一方で、薬剤師の従業員の場合は年収は500万円~600万円が一番多いです。アルバイトでも年収400万くらいは狙えます。製薬企業に就職すれば年収1000万も可能になるでしょう。フリーランス薬剤師になるかどうかは、これらの年収を超えられるかどうかで決断したほうがいいです。無理であれば転職するなどして年収を上げましょう。

フリーランス薬剤師の特徴

フリーランス薬剤師になると、どのような働き方になるのでしょうか?全国の相場はフリーランスの腕次第です。今後の生活のイメージも考えていきましょう。勤務時間は自由ですがキャリアアップを意識する必要があります。給与や通勤は目的により変わってきますし自分次第です。在宅でもできます。

好きな時間に働ける

フリーランス薬剤師はフリーランスになりますので、働く時間は自分で決めることができます。ただし自由があるということはその分責任も発生します。成果をあげられなければクビになります。また、契約先の都合もあります。雇用側の都合に合わせて仕事をするケースも多いです。

薬剤師以外の業務

フリーランス薬剤師の場合は薬剤師業務以外の仕事をすることが可能になります。Youtuber、ブロガー、さらにはWebライターなど色々なところに好きなように参入してお金稼ぎができるということになるでしょう。正社員でも副業はできます。しかし、本業が忙しいので副業にリソースを割けません。

人脈が広がる

フリーランスではさまざまな場所で働くことになります。働き続けることで多くの経営者・ビジネスマンと出会うことができますので、さらにおいしいビジネスが舞い込んでくるケースもあります。将来的にも自身の働き方の選択肢が増えることにつながるでしょう。

経費計上

フリーランス薬剤師として働くために必要となった費用は経費として扱うことができます。年間の売上額は正社員の時と同じであったとしても、経費が多いと最終的に得られる金額はフリーランスのときのほうが多い、という場合もあるのです。

保険などは自己負担

正社員の場合、会社で保険料などを一部負担してもらうことがほとんどですが、フリーランスの場合は自分がすべてを負担します。つまり保険料はすべて自分が負わなければならないので負担率が上がるというリスクがあります。

様々なスキルが必要

フリーランス薬剤師の場合、即戦力であることを期待されて契約がおこなわれるためスキルは必須要件です。会社員のときにしっかり業務を行うことができないのであればフリーランスは諦めたほうがいいです。スキルがないと契約が打ち切られる可能性もあります。

確定申告

フリーランスになると、会社員のときは不要だった確定申告を自分でおこなう必要があります。税務に関して何もわからないのであれば税理士に依頼するという手段があります。

フリーランス薬剤師になる方法

フリーランス薬剤師になる方法は簡単で以下のことをやればOKです。キャリアがあれば報酬はかなり見込めます。調剤の事業は地域によっては人気です。交渉して報酬は決められますし患者の管理は自分で行うことができます。独立したてだと案件はもらいにくいですが無料で活動が開始できます。サポートや福利厚生は期待できないので注意しましょう。運営や経営で充実すると大きな収入が見込めます。

開業届

登録するための手続きの対応に開業届と青色申告承認申請書を税務署に提出します。提出期限は開業日から1カ月であるため、注意しましょう。青色申告承認申請書は確定申告の際に節税ができるようにしておくための書類になり、控除を受けられるというメリットがあります。

白色申告という簡易なものもあるのですが、ある程度の収入になると青色のほうが明らかにいいです。白色申告は控除がありません。

国民健康保険・年金

全国各地のフリーランスの場合は自分で支払う必要があります。国民年金、国民健康保険への切り替えが必要になるので行いましょう。同様に年金も同じになります。また雇用保険などはありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました