薬剤師の転職:都会と田舎 地方で働くメリット、デメリット

業界事情

薬剤師が転職するにおいて、都会と田舎、地方で働くメリット、デメリットについて求人を記事で解説します。一般的な職業であれば、田舎より都会に出たほうが条件の良い仕事を見つけやすいですし就職もしやすいです。しかし薬剤師の場合は一概にそうも言えなくなります。これには理由があるのです。記事としてまとめています。

地方のほうが都会より有利

薬剤師の転職、就職は地方のほうが都会よりも明らかに有利とされています。これには以下のような理由があるのです。勤務していた経歴があり、専門の経験があれば就職が難しいことはありません。場所により下手をすると給与が上がるケースもあります。悩みを抱えている方は特徴を紹介しますので少なくとも参考にしてください。

年収が高い

地方で働く薬剤師は都市部よりも年収が高いという話は本当です。薬剤師の年収を都道府県別に比較したところ、東京都や大阪府などの主要都市よりも地方の方が年収が高いことがわかります。以下は求人ボックスによる統計になります。薬剤師の年収は493万ですが、地方へ行けば行くほど、平均年収は上がります。特に高いのは東海地方で、かなり意外な結果であることが分かります。

参照元:薬剤師の仕事の平均年収は493万円/平均時給は1,961円!給料ナビで詳しく紹介|求人ボックス (xn--pckua2a7gp15o89zb.com)

この理由としては、地方ほど、薬剤師の供給が足りません。そのため必然的に薬剤師の価値が上がります。これに対して都会は薬剤師が飽和しており、仕事の取り合いをしている地域もあります。需要と供給のバランスにより地方は圧倒的に有利な状況。

生活費が安い

微々たるものかもしれませんが、地方の方はサービスや生活費が安くて済みます。特に大きく差が出るのが家賃でしょう。都会は小さなアパートなどはとても安いですが、家賃は比較的高い所が多いのが実態なのです。調剤のアルバイトでも十分やっていけます。調剤は担当者がコミュニケーションされできればあとは患者の対応だけですし、来客も少ないです。

薬剤師の数が不足

都市部と地方の人口を比べても、明らかに地方は人材が不足しているという事実があります。薬剤師は地方へ行けば仕事が選び放題の状況になるため、失業をしてもすぐに次が見つかる状態になっています。都会はその逆で薬剤師でもあまりメリットがありません。新卒で経験がなくても募集が多数ありますので大きなメリットです。

保守的な人が多い

参考程度に地方の唯一の問題点は都会ほどさっぱりした人が多くありません。村社会が形成されており、みんな同じという価値観が浸透しています。人と人との距離があまりにも近すぎるため、窮屈に感じてしまう人はとても多くいます。

仕事の忙しさ

地方の職場は薬剤師が少ないことから、職場がとても忙しいと言われていますが、実態はそうでもありません。地方になればなるほどお客さんの数も減ってきます。そのためそれほどデメリットになるわけでもありません。大手ほどお仕事における残業はほぼ少ない傾向ですので魅力。キャリアの形成も可能です。

地方のデメリット

地方には以下のようなデメリットもあります。総合的に考えてどうしたいのかを決めたほうがいいでしょう。大学を出た後に一番でどうするか方針を決めましょう。田舎は比べると人手不足で福利厚生も良いですが、目指すうえで以下の点に気を付けてください。面接でも免許など聞かれるので対応が必要になります。

生活が不便

田舎の最大のデメリットは生活が不便だということです。生活が不便ということはスーパーマーケットや病院なども遠くなります。高齢者になると病院へ行くのも大変になりますから、田舎暮らしが本当に良いのかどうか、考える必要があります。

仕事量が少ない

田舎は薬剤師の絶対数が不足しているので就職にはとても有利ですが、その一方で就職先も減ってしまいますのでここがリスクになりますので注意です。仕事量が少ないということは選べないということにもなりますので、不利になるでしょう。

車所有

田舎だと徒歩で会社まで行くことはまず不可能になりますので、車移動が当たり前になりますが、車の燃料費や維持費などがかかってしまうのがデメリットです。大都会であれば車なんて必要なしですが、田舎の場合はそうもいきませんので、出費が増えます。

転職はエージェントを活用しよう

転職するときはできるだけエージェントを使用しましょう。転職エージェントは勝手に求人を持ってきてくれるためとても便利です。楽に求職活動をできるため、メリットがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました