薬剤師の転職:転職しないほうがいい? 後悔するケース失敗理由を解説

業界事情

薬剤師はいまとても職場に恵まれている方で一般人よりも仕事の転職はしやすいです。しかし自分でその転職のしやすさにより転職後に後悔してしまうケースはあります。後悔しないように薬剤師はいまからどうするかを書いていきます。

薬剤師が転職して後悔するケース

薬剤師は実際のところ、転職先は多いですし、年齢が中年以降になっても意外と行先はすぐに見つかります。しかし下手な手を打つと、以下のような後悔するケースに当てはまってしまいます。興味のある人は以下を確認してみましょう。選択肢を考えるうえで知識のあるコンサルタントからアドバイスをもらい将来に活用しましょう。スキルなどにより今後の手段は変わります。

定年退職

もうすぐ定年退職で退職金がもらえる。そのような定年間近での転職はリスクになります。定年近くになると徐々に体力が続かなくなり、若いころのような野心も薄れています。そんな状態で今の環境を変えて、新しい環境へ行ってしまうと慣れることに疲弊してしまい、辞めていく方が多いのです。また、定年間近の年齢ですと採用されにくいという側面もあります。求人情報も年を取ると応募できるものが少なくなります。

年収1000万以上

一般企業、製薬企業の薬剤師の方で肩書がついていると、給与はかなり美味しいので年収1000万は行きます。しかし製薬企業や化粧品メーカーなどは最上位の会社でもあります。一部の薬剤師は不満をもってしまい、ドラッグストアや病院勤務に甘い夢を見てしまいますが、転職すると100%給料は下がります。隣の芝生は青く見えるというもの。さらにサービス業になりますから、休みも不定期になるという悪循環が待っています。

人間関係の悩みがない

人間関係の悩みが全くない薬剤師が今の職場をやめてしまった場合は、後悔するケースが多いです。薬剤師が転職を考えるきっかけで一番多いのは職場の人間関係。人間関係の悩みが全くない薬剤師は、下手に今の環境を変えると後悔します。職種限らず人間関係が原因でやめる人が最も多いです。

異業種転職

全く畑違いの分野に転職していく薬剤師の方も一定数いますが、失敗するケースが多いのが実態です。やはり会社の文化や業界の性質がとても大きく変わりますから、なかなか成功する方はいません。職種が違う場合は成功する人も多いですが、業界を一気に変えるのはかなりのリスクになるでしょう。面接、入社をしても、あまり良い感覚は得られないでしょう。ミスマッチも起こりやすいです。

住宅ローンを組む予定

住宅ローンを組む予定があるなら、転職の時期は要注意になります。転職をしてしまうと住宅ローンの融資を受けられない可能性があるからです。ローン審査では勤続年数をかなり深くみられてしまいますので不利に働く可能性があります。こんな時期に転職はメリットがありません。

何回も転職している人

転職を複数回している方は注意が必要です。転職する癖が身についてしまっており、また転職をしたいと思ってしまいます。転職回数が多いほど採用されにくくなるので、おすすめしません。転職癖がついてしまうとすぐに転職エージェントに無料登録してサポートを受けて活動してしまいます。キャリアを良い方向へ持っていけません。

決断できない人

転職理由が明確で、希望の優先順位がしっかりとできていれば転職することはお勧めです。しかし何の理由もなく、何となく探してしまったり、転職を決断するタイミングで決めきれない人はその転職活動の時間を無駄にしてしまいます。

起業

自分がフリーランスや経営者になりたい場合は起業する必要が出てきます。ただし起業の場合は簡単には行きません。ほとんどの方は3年以内に廃業に追い込まれているのが実態ですのでとても難しいのが実態です。また起業の場合はお金も必要になりますから、資金がなくなって再就職していく人もとても多くいます。デメリットが多いのが起業です。

今すぐ転職した方がいい薬剤師はどんな人?

今すぐ転職した方がいい薬剤師とは以下のようなケースがあります。転職にはメリットとデメリットがありますが、以下のケースの場合はメリットの方が大きいです。専門の実績がありますので安心できる方と不安を抱える方で分かれます。自身で辞めるさいは判断するタイミングもポイントになるでしょう。現場でそれぞれ問題を抱えている方がいます。

休めない

薬剤師の職場にありがちなのが休めないということになります。休めない職場と言うのはとても厳しい過酷な職場で、薬剤師自体が不足しているケースが多いです。他店舗のヘルプなどに駆り出されてしまい、結果的にずっと働いている方も多くいます。残業時間が長すぎて、ボロボロになり大変なことになります。

転勤、出張が多い

職種によっては転勤や出張がとても多いケースもあります。そのような場合は単身赴任などになってしまうこともあるでしょう。いくら仕事とはいえもっと大事なのは家族。家族を重視するがあまりに転職せざるを得ないケースもあります。年代によっては子育てもあるでしょうし、それもおろそかになってしまうこともあります。通勤時間も長くなり、時間の浪費が痛いです。

昇給しない

会社の中には昇給が一切ない所も多くあります。そんなところだとどうしてもモチベーションを維持することが難しくなってしまうのが本音です。とくにドラッグストア、薬局、病院などはまさにその典型でほとんど昇給はしません。ずっと働けるイメージがわかず、辞めていくパターンは多いです。離職率は10%を超えると言われています。

年収が低い

薬剤師の場合は年収500万~600万は行きます。職種や雇用形態といった条件で異なってきますがあまりにも年収が低い場合は冷遇されているので転職したほうがいいです。転職をして年収を上げている薬剤師はたくさんいます。人手不足の職場ほど、年収は上がりますが、関東など地域別にみると過多になっているところもあります。

残業が多すぎ

長時間労働や残業が当たり前のようになっている場合は、すぐに転職することをおすすめします。これは心身ともに疲弊していくからです。勤務時間の長さは体に悪影響を及ぼします。ブラック会社であればすぐに転職をしましょう。とくに100時間近くの残業を強いるようなところならば、今すぐ転職が必要になるでしょう。相性の良い職場があったら忙しい所から逃げてスムーズに転職が好ましいです。

人間関係

薬剤師のほとんどは人間関係でやめます。薬局や病院だと、狭い空間で1日中一緒にいるので、ストレスが溜まってしまいます。どうしても我慢できない場合は転職したほうがいいです。嫌がらせなどを受けている場合は、新卒でも傾向として慎重に転職を目指すほうがいいでしょう。長期で見ても良いことはありません。もちろんスキルアップして給料のアップも目指せます。

パワハラ、セクハラ

パワハラ、セクハラなどは薬剤師の職場でも起こります。これらのカテゴリーのケースはほとんどが労働環境が劣悪で転職していくことになります。当たり前ですが、モラルの崩壊したような組織に所属したいと思うような人はまずいません。看護師の職場などや大手もこれらの同僚からのパワハラ職場の問題は繰り返し多いと言われています。

転職したい方はエージェントを利用

転職したい方はエージェントを利用したほうが良いです。なぜならアドバイザーが相談に乗ってくれるからです。薬の経験や今後の人生の行動、市場価値に不安があれば聞いてくれます。以下の転職エージェントの一覧を情報としてまとめたので参考にしてみてください。無料で利用ができます。参考としてまとめて情報を紹介します。待遇や給与が改善される可能性もあります。

エージェント特徴URL
リクルートエージェント求人の量では日本一。中小企業の無名企業まで網羅しているリクルートエージェント
DODA製薬企業の求人はそこそこ多い。大手の求人がメインとなっているDODA
JAC recruitment外資系の大手を中心にグローバル企業から内資まで紹介しているJACリクルートメント
ファルマスタッフ製薬企業の求人は大手の求人のみ取り扱っているファルマスタッフ
アカリクキャリア院卒の理系職種を対象に製薬、製薬の大手求人を取り扱っている【アカリクキャリア】

コメント

タイトルとURLをコピーしました