薬剤師の転職:子持ちの薬剤師 正社員とパート ママの子育て、働き方

業界事情

薬剤師の子育てはパートでもママは柔軟に働けるので結婚しても調剤薬局の職場で活躍します。。薬剤師はあまり就職に苦労することはありません。しかし自分の家庭における環境の変化により、転職を強いられることは多いです。子持ちの家庭が転職をする場合は、正社員がいいのでしょうか?それともパートがいいでしょうか?

子持ちの薬剤師

子持ちの薬剤師はとても多くいます。子供を育てながら、仕事をするというのはとても体力を奪われます。子育てというのはまるで起業をして、事業を一からスタートさせるようなもの。そのため、子育てをする方はとても大きな労力を使うことになるのです。そんな子持ちの薬剤師は正社員がいいのでしょうか?それともパートがいいのでしょうか?復職の悩み、時短で活躍できる女性がいるのかなど今の実情を解説します。

フリーランス、起業

ごくわずかではありますが、フリーランスや起業する方もいます。フリーランスの場合は時間に融通が利きやすくなるため、子育てには最適です。しかし収入が不安定になるという弱点もあります。しかし実際には企業と面接などもなく育休や産休も自分の裁量でやれます。しっかり責任を持てない方はフリーランスは無理です。重要な用があり必要であれば保育園に預けてサポートしてもらうこともできます。

正社員雇用

転職で正社員に就業するのは難しい方が多いです。というのも薬剤師というメリットがあるものの、子供を育てていることから、戦力として計算をしにくいという企業側の都合があります。特に中学生以下の子供がいる場合は少し難しいかもしれません。それは小さな子供ほど、自分の時間を奪われてしまうというデメリットがあります。正社員になると残業が発生したりもします。

派遣社員

派遣社員というものもあります。ただし派遣社員の場合は即戦力が重視されるということ、さらには時間に融通が利かない職場もありますので子育てに向いていない可能性があります。しかしその一方で、時給がとても高いのでお勧めともいえるのです。現在働ける会社により福利厚生も改善されておりますからメリットがあります。大手なら一般的に現場の環境も良いので安心でベストでしょう。

パート雇用

子持ちの薬剤師の場合はパート雇用がされやすい傾向にあります。パート雇用は正社員よりも給料は下がってしまうのですが、その一方で、自由度が高いため、勤務時間や勤務日そのものを調整することができます。薬剤師の場合はパート雇用だとしてもある程度の収入は維持できるため大きなリスクになることがありません。

子供の年齢

子持ちの薬剤師は転職活動するにあたって、子供の年齢が大きくかかわってきます。というのもある程度育った子供であれば、自立ができるようになります。しかしこれが乳児や幼児の場合はそうもいかず、ある程度親がお世話をしなければならなくなります。子供の発熱や体調不良での急なお休みを容認してくれる職場は少ないのが実態です。子供がある程度大きければ正社員雇用を探したほうがいいでしょうが、小さいの出れば、パート雇用を探したほうがいいです。

融通の利きやすい職場

子供の世話という仕事を抱えている方は、できるだけ融通の利きやすい緩めの職場を選択するのがポイントになります。激務の職場になると、かなり高い確率であなた自身が疲弊することになります。どのような求人を選べばよいのでしょうか?

非正規雇用

転職情報をみてるとパート雇用は正社員と比べて給料は落ちてしまいますが、基本的にとても自由度が高くなります。勤務時間や勤務日も相談してくれるケースが多いです。30歳を過ぎると体力が落ちるのは当たり前なので柔軟性のある働き方ができますので嬉しいわけです。

午前中、午後のみOK

最初、求人広告にこのような記載がある職場はとてもお勧めです。職場環境によって子供のお世話のために午前だけしか働けない場合もありますから、さまざま個人の柔軟に応じてくれる職場はとてもありがたい存在になるでしょう。この契約の場合は子育てがメインでもお迎えなど当たり前のように行えるようになります。

週1、週2,3日からOK

子供を持っている家庭にとって、自由度の高さがポイントになります。週フルタイム勤務は厳しいので、週2日とか3日勤務の求人はとてもありがたいものになるでしょう。小学生の子供がいると体調も崩しやすいので、その後ケアもしやすいです。薬剤師は専門家なので選択肢が広いです。生活がかなり気楽になります。

お勧めは病勤院務

子持ちの薬剤師で正社員希望の場合、病院勤務はお勧めです。理由は託児所を併設している病院が多いからで、職場に子供を預けることができます。さらにメリットがあり、病院の場合は夕方の17時か18時にはもちろん終了します。そのため子持ちにとってはかなりのメリットです。失敗しないためにも事前に情報収集しておきましょう。病院は手当などもあり社会保険も必ずつきますから余裕が出てきます。

ドラッグストアは避けたほうがいい

ドラッグストアは避けたほうがいいです。最も融通の利かない職場になります。多くのドラッグストアが営業時間が長く、さらには24時間勤務もあり得ます。そのため夜勤も発生する可能性もあり、自由度は下がります。体力的にタフなので採用されたあと、妊娠、出産があって休んだ後に復帰と言うのがなかなか難しい職場です。私は調剤のほうが良いと思います。

転職エージェントの活用

転職を考えている場合は転職エージェントの情報を活用を検討しましょう。正社員だけでなく、派遣やパートなどの紹介をしています。できるだけ多くの求人をもらって自分にとって最適な職場を選ぶことが大事ですので確認しましょう。薬剤師は求人の数がとても多く、どこからも人気です。探すさいはスタッフが対応してくれます。キャリアに不安があれば求人情報の応募の前に電話などでカウンセリングを受けてみましょう。担当からアドバイスも受けられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました