薬剤師の就職先、転職先は? 異業界と異職種 メリットとデメリット 求人、仕事内容解説

業界事情

薬剤師はとても特殊な職業になりますので、就職先はある程度限られていきます。そのため、ある程度就職先をどうするかは限定されていますから、その中で自分の興味のある世界へ行くのが無難でしょう。薬剤師の考えられる就職先をピックアップしてみました。

薬剤師の就職先はどこがあるのか?

厚生労働省の統計によると、薬剤師の過半数が勤務しているのが「薬局」です。薬局や病院、診療所などの臨床現場で働く薬剤師は全体の75%以上を占めていることが分かり、これらが主要な就職先であることが良くわかります。ただし、その他は介護施設や一般企業、さらには大学勤務などでも就業していることが分かっており、選択肢は他の職業よりも多岐にわたります。大手は転勤の可能性もあります。

薬局18万415人58.0%
病院5万4,150人17.4%
医薬品関係企業4万1,303人13.3%
衛生行政機関6,661人2.1%
診療所5,806人1.9%
大学勤務者・大学院生5,623人1.7%
介護保険施設832人0.3%
その他1万6,856人5.4%
参照元:Microsoft Word – 01_H30統計の概要 (mhlw.go.jp)

薬剤師の就職先候補はどの業界になるのか?

薬剤師の就職先の候補としては以下のような業界、職種が挙げられるでしょう。女性が多い職業ですが、どのようなところへ行っているのでしょうか?職種は正社員であれば医療機関、品質管理が市場的に可能性があります。求人情報に年齢制限があるケースもあるので注意しましょう。情報をまとめて紹介しますので参考にしてください。キャリアによって方向性は変わります。必要であればエージェントなどに登録してサポートをうけましょう。

調剤薬局

調剤薬局は薬剤師の就職先として最も多い職場です。処方箋、服薬指導など患者の健康を考えるサービス、仕事です。給与は薬剤師のなかでは平均的な水準です。しかしながら病院勤務よりは残業や休日出勤が少ないため、安定して働けるのが特徴です。薬剤師の仕事を一通り経験できるため、経験値も高まっていきます。調剤の仕事は薬剤師のメインの仕事です。求人情報も多く、未経験でも専門キャリア形成が可能です。スキルがあれば在宅の仕事もあるようです。

ドラッグストア

ドラッグストアは近年業界自体が業績も上がっているため、積極採用をしている分野になります。給与が薬剤師のなかでも高い傾向にあるのが魅力です。ただし勤務時間が長く、休日出勤が多い職場もあります。24時間シフトでの勤務があるため、そこは注意が必要になってきます。営業や販売などのスキルや、担当者としての経験が発揮して活かしていけるので役立ちます。福利厚生も店舗により充実しています。

病院

病院は医療に貢献している実感を得られやすい職場です。ただし夜間対応、管理があったりもしますので、そこそこハードな職場になります。給与面も薬剤師の中では低い傾向です。スキルアップはできますが募集枠はそれほど多くないことが多いです。医師とのやりとりが増えますのでチェックしましょう。年齢によっては転職が難しいケースもあります。職場は全国にあり、薬剤のお仕事の需要はいくらでもあります。

製薬企業、CRO企業

製薬企業は給与が高く、治験開発、医薬品情報、研究開発部門、さらにCRCコーディネーター、MRは最も人気が高い就職先になります。さらに製薬業界の臨床開発部門でも薬剤師のスタッフは多数活躍しています。データマネジメントや臨床薬理などはかなり活躍しています。製薬企業はサラリーマン社会になりますが、薬剤師が活躍できる職種がかなり多くあるため、非常に良い条件で就業可能です。しかし土日や祝日は休みになる傾向が強いです。人気就職ランキングでも製薬企業は上位に来ます。

大学の研究機関

大学に6年間在籍したあとに、そのまま大学の関連研究機関で働く人も多いのが薬剤師です。現在薬剤師としての薬学の知識をうまく活用して、学術的な分野に特化し、新薬の研究開発に詳細に関与していくことになります。総合的に求める人材は経験よりも学歴重視。応募資格が難しいケースも多いですので入社難易度は高め。新しい技術への勉強意欲も必須です。メーカーなどよりも能力が重視されます。

公務員

国の研究機関、薬の認可を行う厚生労働省などでの仕事もあります。公務員になりますが、採用人数はかなり少ないので、最も難関の勤務先で不安な人も多いです。また、麻薬取締官も厚生労働省の所属となります。ほかに、保健所で食品衛生監視業務に就くこともできます。新卒が公務員合格を目指す傾向にあります。

就職に失敗しないための条件はある?

就職時には幅広い選択肢があるので迷ってしまうことも多いです。中には短期離職を続けてしまう薬剤師の方も少なからずいるのです。次のポイントを押さえて就職活動、中途採用を成功させましょう。豊富な求人の中から日々さがして未来を見据えて専門性をアップさせていきましょう。担当としての最新の知識も幅広く必要とされます。

自己分析

就職を決めるときには就職先だけを見るのではなく、自分を知ることも大事です。これから自分がどのような職業に適性があるのか、求める人材に適しているかをしっかり分析して、理解、見つめることが大事です。せっかく働くのであれば、自分にとってやりがいがあり、自分が大切にしたいことを応援してくれる環境で働きたいでしょう。

会社選びの優先度

会社や研究機関を見学していく中で、自分が何を一番優先していきたいのかを正確に知っておく必要があります。仕事内容が一番なのか、給料が一番なのか、加えて将来性、業界状態が一番なのか、人によって価値観はひとつ違いますので、自分で一番大事なもの、面談時の自身のアピールポイントをよく考えて選択することが重要です。ブランクがあると問題児扱いとなり不利になります。20代、30代であれば教育研修があるかどうかもポイント。

生活スタイル

上記で説明したように、それぞれの業種や職種によって生活スタイルは変わってきます。中には夜間対応が必要なものがあったり、シフト制度の仕事があったりしますので、どのような生活スタイルが自分に合っているのかを見ていく必要があります。勤めるにあたってライフスタイルが合うかどうかは重要です。十分情報収集をしましょう。適当に就職すると将来不満を抱えることになります。

プライベートか仕事か?

仕事選ぶにあたってポイントになるのはプライベートを優先したいのか、バリバリ働きたいと思っているのかでかなり方向性は変わってくることはみんなも承知でしょう。どのようなライフスタイルを理想としているのかで動き方も変わってきますので、見つめなおしてみましょう。

田舎か都会か

現状都会では薬剤師の数は多くなってきているため、それ程優位性はありません。そのため、田舎で就職を目指せば、とても簡単に仕事を見つけることができます。本人が田舎を希望するのか、都会で生活したいのかをよく考えてから動くことをお勧めします。地域だと免許は必須です。

フリーランス薬剤師と言う手もあり

近年は日本の政治の腐敗が進んでいることもあり、多様な働き方をして収入を維持しようとする薬剤師も増えて行っています。そのなかでフリーランス薬剤師というものが登場するようになりました。ノウハウを活かして空いた時間を使って働く方もいます。役割も自由で待遇もあなたしだいです。

副業併せて年収1000万円以上ができる

割合は少ないですが薬剤師は副業をする方もとても多くなっています。副業をすることで年収が1000万円を超えていく方も増えています。これにより、大きな年収を稼ぎだす薬剤師はとても増えているのが実態です。さらにフリーランスで活動している方もいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました