薬剤師の転職:結婚は転職のタイミング? その理由と実態

業界事情

薬剤師の結婚のタイミングについていつが良いのか仕事や働き先によりますので解説します。薬剤師が転職を考えるきっかけの一つに「結婚」があります。薬剤師も人間ですから、人生におけるイベントが発生するのですが、その中でも結婚は色々な意味でタイミングになります。それは退職するタイミングでもあり、専業主婦になるタイミングでもある可能性があります。なぜ結婚を機に転職する方が増えるのでしょうか?

結婚と転職

結婚と転職にはかなり深い因果関係があります。それは結婚をすることにより、普段の生活環境が大きく変わっていくからです。独身時代と異なり、夫や妻と過ごす時間が増えます。それに伴い、以下のような心境の変化が起こります。実際のところ男性と女性の年齢も影響します。年がやや行き遅れてると、希望としては早めの結婚を求められます。一般の学校を卒業した新卒のタイミングだとまだのんびりするでしょう。ポイントは結婚年齢。

プライベートな時間が欲しい

独身のときは自分のことだけ考えていればOKです。結婚していくと、自分のパートナーと過ごす時間を増やす方が多いです。さらには子どもが生まれる可能性があります。子育てとなると、今までのようなフルタイム勤務はまずできません。今の日本では産休という制度がありますが、ブラック会社も多く、まともにこの制度を運用できている会社は少ないです。

配偶者と歩む人生

人によっては配偶者と考え、転身することを望む方も生まれます。これは起業をしたり、外国へ移住をしたりする人が増えます。その転機が結婚である場合が多いです。夫婦生活や仕事、子育てに対する価値観は結婚をすることで変わっていくのです。

配偶者の転勤

配偶者の転勤を機に結婚を決断する方もいるでしょう。単身赴任を選ぶ家庭もあります。しかし薬剤師は就職が比較的簡単で、全国各地で働くことがとても容易であることから、結婚を機に転職していく方はとても多いのです。

妊娠・出産

女性の薬剤師の場合は子どもが生まれるかどうかということが大きくかかわります。結婚後、将来的な妊娠・出産を見据えて環境を整えたいと考えることも、転職の理由となります。体力的・精神的に負担が大きかったりすると、女性は職場を変えていく傾向があります。

子育て

子供はいきなり生まれて自力で生活することは絶対にできません。育児期間と言うのはかなりヘビーな生活になります。このタイミングで退職する女性はとても多くいます。子供は最低でも数年は面倒を見ないと、自力で生活をすることができないからです。ブラック企業だと育児休暇もありませんので、この機にやめていく方も多くいます。

家計を考える

独身の場合は稼いだお金をすべて自分に対して使うことが可能です。しかし結婚となると、相手方との収入を加味して、家計を考えるようになります。費用はもちろん、出産や子供の教育資金など、家族を養うための費用を考えて、転職を決断する方は多いです。

結婚後の正社員とパートの比較

結婚後に正社員でいる場合、そしてパートになった場合ではそれぞれで、メリットとデメリットが混在することになります。結婚相手しだいですが問題もありますのでまとめました。また医療の現場が調剤、病院、ドラッグストアなど職場にも影響します。婚活や相手などに悩みを持っている場合、参考にしてみてください。

給料が高い

正社員は年収が高いです。パートやアルバイト雇用になると賞与がない分、年収が落ちていきます。役職に就いている方のほとんどが正社員です。そのため雇用形態で収入面が変わります。経験やスキルにもよりますが、30代で高収入だと人気ですから、相手からすればメリットの方が大きくなるでしょう。

拘束時間

正社員は基本的にフルタイム勤務でかつ、残業が発生します。結婚後だからと言って勤務時間が減るわけではありません。これに対してパートは自分の自由度がかなり高くなります。シフトも調整がとてもしやすいです。全国でも余裕で休みが取れる職場だと相手との時間も増えて不安もありません。

身分保障

薬剤師の場合は未婚でもそれほどリスクにはなりませんが、パートの方が切られやすく、正社員のほうが保護はされやすいです。一般人であれば、正社員のほうがいいですが、薬剤師の場合は再就職が容易なので、どちらでもリスクはないでしょう。

就職難易度

薬剤師の場合は就職難易度がとても低いです。これは正社員が仮に難しくなってもアルバイトで働くという選択肢があるからです。そのため薬剤師は敢えて正社員ではなくアルバイトで働く人も多くいます。時給も高いため敢えて正社員を選ばない方も多いです。専門のスキルがあると長く働けるうえにすぐに就職可能です。

事前に活動開始を推奨

転職活動は一般的に数か月以上はかかります。そのため、できるだけ早めに行動を開始することをお勧めします。転職エージェントに登録してサービスを受ければ、勝手に求人を持ってきてくれるため、とても便利です。できるだけ活用してください。キャリアアップもできて役立ちますので今後も踏まえてしっかり活用しましょう。

起業やフリーランス

結婚生活を見据えて起業やフリーランスを敢えて選択する方も少なくありません。フリーランスの場合は収入が不安定になるというリスクがあります。しかしその一方で融通が利きやすくなりかなり自由度がありますので、家庭を重視したい方にはお勧めともいえます。現在薬剤師の場合はいつでも働けるので失敗しても会社員に復帰できますので大きな経済的なダメージはそれほどありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました