薬剤師の転職:不採用理由、薬局の面接で落ちる原因、理由一覧 対策は必要?

業界事情

転職活動において、せっかく面接をしたのに不採用になったらつらいですよね。薬剤師が転職活動をして、面接をしていくことに対して、どのような不採用理由があるのでしょうか。そしてそれは応募者が知ることはできるのでしょうか?

不採用理由は知ることができない

一般的に、直接応募の場合は、不採用理由は知ることができません。これは採用企業は応募者に対して直接説明をする機会がないからです。一般的に「お祈り」メールであったり、郵便物での通知であることが多いのです。しかし転職エージェントに登録して、エージェント経由であれば、キャリアコンサルタントが採用企業に対して不採用理由を聞いてくれますので、今後の面接対策にはなるでしょう。そのため転職エージェントに登録することはとてもおすすめできます。

薬局の面接に落ちる理由一覧

一般的に面接で落ちる理由は以下のような理由であることがとても多いです。以下のような例に当てはまっていないかどうかチェックしてみましょう。もしかしたらどれかに当てはまってしまうことがあります。大手ほど面接はしっかりしており、担当は履歴書・職務経歴書のチェックもしています。情報を収集してしっかり準備をしたうえで挑みましょう。実際、スーツで緊張するかもしれませんが経験やキャリアの希望などしっかり伝えることも重要です。

清潔感がない

清潔感や服装はかなり重視されますので意識してください。ヨレヨレの服は着ない、長い髪はまとめる、革靴は布で汚れを落としておくなどの対策はしっかりしておきましょう。見た目がダメだと、少なくとも良い印象を持つ人はまずいません。新卒などの場合はこのケースが多いです。

暗い雰囲気

採用企業からすれば誰でも陰キャラは採用したくないもの。薬剤師の場合、薬局やドラッグストアなどの場合は接客対応も必要になりますので、明るい印象をあたえることは大事です。面接での話しで、声が小さくて聞き取れない、目を合わせないなど暗い印象を与えると失敗して落とされやすいです。

ビジネスマナーがない

ビジネスマナーもといっても、あいさつや時間がしっかり守れるかなどの基本的な対策ができていれば問題になることはありません。調剤の薬局では患者のサポート対応で薬に関して答えることもできない、スタッフだと問題です。成功するには言葉や態度に気を付ける必要もあります。

応募企業の情報不足

面接をするのであればこれから会社のホームページや口コミと評判などはしっかりチェックしておきましょう。イメージとして就活で自社の特徴も知らずに応募してきたと分かれば、あまりやる気がないと思われかねません。

自分の強みを伝えない

いわゆる自己PRが足りないケースもあります。面接では少なくとも自分自身のアピールは絶対に必要になります。強みがあれば、それらをうまく伝える練習をしておきましょう。不安や悩みがあれば自分の自己分析からしてみましょう。

会話が成立しない

質問されたことに対して、結論から伝えずに長々と回答していると、回答内容がズレたり、「要点がわかりづらく、話の長い人」と思われます。コミュニケーション能力は一番大事です。サービス業で大切なのはスタッフや患者との人間関係、コミュニケーションです。

無言になる

質問に対して、ある程度無言になるのはマイナスです。このパターンはその場を白けさせるので一番お勧めしません。全く回答できない質問なら、「今は知識がなく回答することができません」というのがいいでしょう。行動のマナーとして話す際は無言はNG。

面接時の態度

面接に行ってあげた、とか面接をしてやったという上から目線の態度は明らかに不快に思われます。勿論これは、逆もしかりでふんぞり返った面接官を応募者が見たら不快に思うでしょう。

転職回数と転職理由

転職回数が多すぎるパターンや転職理由がよろしくない場合は、不採用にされやすいです。当たり前ですがあまりネガティブな要素は口にしないなどの対策を打つことが大事になります。将来また転職していくのか、と少し悪い印象でみられかねません。

書類不採用の場合

書類選考で不採用になった場合、高確率で定型文のお祈りメールや手紙が送りつけられて来るだけなので、具体的な理由が一切わかりませんので注意。面接までいければよいのですが、書類選考の場合はそもそもなぜ落ちたのかすらわからないため、分析すらできないという難しさがあります。

アルバイト、派遣

なかなか正社員に採用されない場合は、まずアルバイトや派遣をやってみることをお勧めします。職歴が積めますし、アルバイトや派遣の場合は不採用になる可能性はほとんどないです。そのため薬剤師であれば、まずは職歴を積んでみるのはどうでしょうか?内定ももらいやすいですので安心。スキルもこれから磨けますし状況により、頑張って正社員登用される結果もあり得ます。地域やエリアによっては薬剤師は不足しています。

ブランクは避ける

就職に困ってしまうとブランク期間がどんどん長くなってしまいます。ブランク期間が長くなるとどんどん就職チャンスがなくなっていきます。さらに企業側が不採用にしやすくなっていきますので、あまり空いた期間は作らないことをお勧めします。せっかく薬学部で専門を勉強して学んだので簡単な仕事でもいいですから自身で探すことをおすすめします。医療では最近、在宅の仕事も増えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました