薬剤師の転職:面接 逆質問対策 よくある質問の例と聞かれた場合の回答は?

業界事情

薬剤師の転職において、逆質問を受けることがあり聞かれた場合に答えをどうするか考える必要があります。面接対策は、転職活動において必ず必要になります。転職エージェントなどに登録をすれば、無料で面接対策をしてくれます。面接ではただの質問を受けるだけではありません。実は逆質問を受けることも良くありますので事前に対策を練っておくことが大事です。

面接でよくある質問

面接をするときに必ずを言っていいほど聞かれるのが以下のようなことです。必ず答えを事前に準備をして用意しておきましょう。キャリアの面接の場合は、特に聞かれます。担当者からの評価が変わります。不安ならエージェントなどに登録してサポートのサービスを受けましょう。希望があれば医療の現場の今後について、履歴書・職務経歴書の添削など重要で大切なアドバイスがもらえます。

自己紹介(自己PR)をしてください

面接の中で必ず聞かれるのが自己紹介です。あなたの強みや得意なこと、今までの仕事で頑張ってきたことなどをアピールしましょう。自分が仕事の中においてどんなことで役に立つのかをアピールする必要があります。1分程度で話せるようにまとめておくと良いでしょう。

人間関係はどうでしたか

今までの職場での人間関係について聞かれることがあります。これはいまから採用する企業に入ったとしても問題なく対応できるかどうかを聞いています。ここは問題ないというところをしっかりアピールすることが大事になります。

長所と短所を教えてください

面接で良くある質問です。これは面接官はあなたの性格や思考について知ろうとしています。そしてその長所と短所が仕事の中でどのように生かせるのかを考えて回答する必要があります。これは短所であっても同様です。

前職の仕事内容を教えてください

面接官は直近の仕事内容を気にします。なぜかというと、これから一緒に働くと仮定した場合、マッチしている部分が多ければ多いほど好感を持ってくれます。これまでの職務経歴を時系列で述べましょう。勤務の状況やスキル、経験、ノウハウなどを知りたがっています。

転職理由を教えてください

どういう理由で今の職場を辞めたいのか、転職理由は必ず聞かれます。ネガティブなこは絶対に応えないようにしましょう。ポジティブな言葉に置き換えて伝えるのが理想です。未経験であれば患者の支援ができるか、活躍できそうな人材か、確認している可能性があります。

志望理由を教えてください

ここはある意味一番大事なポイントになります。なぜこの会社を選んだのかを答えます。給料がよかったから、家から一番近いからなどという回答は避けましょう。この会社にしかないようなものを挙げるとよいです。それは事業内容、仕事内容などがそれにあたります。

入社後何がしたいか?

入ったらこんなことをしていきたい、この点について頑張っていきたいという中長期的なプランを話しましょう。できるだけ自分のキャリアプランを考えて、面接官がイメージできるように伝えます。スタッフに専門の資格を取得する意識があるか、研修を受ける気があるかなど気になっています。

何か質問はありますか?

面接というのは基本的に面接官が応募者に質問する展開がとても多いのですが、実は逆質問というのがあります。これは面接の最後に聞かれるパターンが多く、どのようなことでも聞けますが、逆質問には以下のような理由が背景に隠れていますので、質問をする際はよく考えるようにしてください。

入社意欲を探る

最近逆質問をされて、何も質問が場合は、高い確率で不採用になるか、応募者側からお断りをするケースが多いです。質問をしないということは医薬品や企業に興味がないというサインになりやすいのです。目指す分野が異なり、どうでもよいという姿勢かもしれません。

コミニュケーション能力を探る

インタビューで逆質問をしてくる面接官の意図の一つとして、コミュニケーション能力を探っています。仕事においてコミュニケーション能力は必須になりますから、問題ないかどうかを探りたいのです。いくらやりがいがあって成長したいと思っても適切な会話ができないと仕事に支障があります。

逆質問で聞いてはいけないこと

逆質問はアピールする貴重な場です。それがゆえに無駄なことは質問をしないほうがいいでしょう。特にやってはいけないことは以下のようなパターンです。例文の事例を参考に上手に進めて採用をもらえるための策をお知らせします。不安や悩みを抱えている方は面接での心がけや雰囲気を変えてみましょう。調剤のお仕事で役立ち、充実した生活をするためにも採用を勝ち取りましょう。

会社情報

注意として実際に配属を想定している部署の組織構成を聞いておいた方がいいかもしれませんがあまり会社の情報に関して詳しく聞くのは怪しまれる可能性があります。あまりにもききすぎるとスパイと思われてしまう可能性はあります。同じ立場で考えると、疑問を感じて確かに不自然に感じるでしょう。

特にありません

絶対に言ってはいけない答えは「特にありません」です。応募先の企業に対して、興味や関心が薄いのではないか?と採用担当者に判断されてしまう可能性があります。前向きな取り組み、姿勢を見せて、会社について何でもいいので聞いてみてください。

すでに説明されたこと

何度も伝えたことを質問されたら誰でも不快に思うでしょう。そのため面接の中で既に質問したことはあまりきかないほうがいいです。何度も伝えたことを質問されたら相手に悪い印象を与えてしまいかねません。

離職率

これは会社にもよるのですが、これを聞いてもあまりまともな答えを返さないか、濁されるケースが多いです。これを聞いても正直に答える会社はあまりないでしょう。離職率が高いと逆に応募者に不信感を与えます。

給与

これは説明するまでもありませんが、給料についてもあまりきくべきではありません。待遇は実際の採用の時点で分かりますから、採用条件書の内容を見て判断すればよいだけです。内定をもらってから交渉しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました