薬剤師の転職:退職理由と退職方法 求人で採用されたとき、辞める時の正しい伝え方

業界事情

薬剤師の転職理由、退職のときの仕事の辞め方、伝え方について記事で解説します。転職先が決まった時や、どうしてもその職場をやめたいときは、退職交渉を会社としなければなりません。パートやアルバイト雇用の場合は話がしやすいのですが、正社員の場合だとなかなか言いにくい所があるはずです。職場の強引な引き留めで、なかなか辞められない事態に陥ってしまうケースもあるため、慎重に進めることをお勧めします。

正しい退職の仕方

薬剤師の退職交渉では、退職理由だけでなく、退職するための方法を考えなければならないです。あまりにも強引な伝え方をすると、職場も不快に思うでしょう。薬剤師がスムーズに希望して残業を減らして働き、退職するための方法を以下に説明します。円満退職をできるだけ心がけましょう、狭い業界であれば、一面的で誤った評判や情報が一旦広まってしまうと、環境によっては採用された次の勤める会社であなたは悩み、労働環境で困ってしまうでしょう。

退職する時期を決める

まず退職をするためには時期を決める必要があります。次の職場が決まっている場合は次の職場と交渉をして、いつまでに入社してほしいのかなど、ヒアリングをしておきましょう。この時期を決めないと、いつまでに退職をしたらいいのか決められず、次の手を打つことができません。別の職場に転職する場合は、転職先の勤務開始日が決まっているはずなので、それまでに退職する必要があります。

直属の上司に伝える

退職を伝える相手は直属の上司がよいです。管理職ではない人に行ってしまうと、上司は感情的になりトラブルになりやすいでしょう。いずれ直接話さなければならないので、直属の上司には最初に話しましょう。変なトラブルは避けなければならないので、上司にだけ伝えるのがとても良いです。また辞める理由はスキルアップ、職場環境、ワークライフバランス、高収入、やりがいなどいろいろなりますが大切なのはネガティブなことを言わないことです。

意思表示をする

退職交渉の場合、しかも薬剤師となると引き留めの可能性が高いです。薬剤師は希少価値がありますから、引き留めをしてくるでしょう。辞める場合は本人の強い意志が必要になります。給料アップ提示をされても、断る意志の強さがないと丸め込まれます。「相談」ではなく、気持ちとして退職するという決定事項を事後報告しましょう。不安や悩みがあると引き止められます。

転職先は言わない

薬剤師が転職できる業界は広くありますが、同じ業界となると、とても狭い世界になるので、転職先が知られてしまうとあまりよくないです。変な噂を広げられてしまい、最悪なケースが起こる可能性があります。注意点として今後転職先を伝える場合は、本当に理解のある上司の場合だけにしましょう。医療の世界は狭いので転職に成功するとすぐに噂が広まってしまいます。

退職届

上記の交渉が出来そうであれば、退職届が必要になります。退職の話をした後日でもいいですが、なるべくなら1回で済ませたいです。重要なことなので電話ではなく対話でやりましょう。改善して経験を積みたいから、とかキャリアアップをしたいからなど前向きな理由を伝えることがポイントです。これでサポートも受けやすいです。

退職理由はどうする? 建前と本音

さて、退職の仕方はわかったとしてもどのような理由を付けて退職したらいいでしょうか。適当な理由で「働くのが面倒くさい」「人間関係が面倒」とか言ったらさすがに受理されない可能性もあります。そのため本音とは別に退職をするために建前を用意する必要があります。以下のような点に気を付けてください。年齢にもよりますが失敗しないためには方針として明確に納得してもらえるキャリアプランや理由が好ましいです。

職場批判

本当の退職理由は人それぞれですが、職場の人間や社風などを批判することは避けたほうがいいでしょう。職場に対する批判をしても何も生まれません。どんなに職場に不満があったとしても、続けるにしても辞めるにしてもそれを繰り返し伝えるメリットは一つもありません。大きな障壁となり、毎日勤める仕事でも選択肢が失われていきます。

家庭の事情

退職理由として一番使えるベストなのは家庭の事情です。「家庭の事情」は誰も傷つけずに退職できる理由です。これは親の介護、転勤、海外転居などが含まれます。理由も考えやすいのでとても使える理由になります。女性の場合、結婚して寿退職や育児が最も退職しやすい理由です。男性の場合は、「結婚に伴う転居」などが多いです。在宅医療もある時代ですから通じやすいです。

こじらせないようにする

とにかく退職までは引継ぎなどもあるので拗らせないことが重要。仕事で貢献してきたのに最後喧嘩別れすると、狭い業界だと噂がそのまま全国で広まって働けるものも働けなくなるリスクがあります。後悔しない展開にするためにもプロとして一つのお仕事に最後までモチベーションを持って就業することです。面談で労働条件を提示され内定までもらってしまうと、今の仕事はどうでもよくなりますが、我慢しましょう。

退職時にやってはいけないこと

実際に会社を辞めるときは以下のような点に気を付けましょう。揉めて退職すると、退職後に離職票を発行しないなどの嫌がらせを受けるケースもあるので、大人の対応をすることをお勧めします。担当者とスタッフで引継ぎも自分自身でしなければなりませんから全体に大きな迷惑はかけないようにしましょう。連携してコミュニケーションをしないといけないのでもし大きい不和が起こると難しくなります。

業務の引継ぎ

業務の引継ぎは絶対に必要になります、自分の後任となる方にすべて任せられるレベルになるまでは、面倒を見る必要があるでしょう。そのためある程度の期間は必要になるため、しっかり教えてあげてください。後任の方を会社側が決めない場合は会社側の怠慢になるので、無視でいいでしょう。大手だと上手に活用して引継ぎができることが多いです。

無断欠勤

退職するからと言って、無断で欠勤することはお勧めしません。業務の引継ぎなどが必ず発生するからです。突然いなくなってしまうと会社も混乱することになりますので絶対にやめましょう。ある程度の引継ぎができてからがお休みできるタイミングだと思ってください。人手不足ですから同僚と一度良く相談の上準備して今後のシフトの予定を変更するなり実施して決めましょう。

退職時期は双方で決める

退職時期と言うのは一方的に言うことはできないことが多いです。これは就業規則などで確認をしておく必要があります。就業規則が基本的には重要視されます。また、医師のような専門の仕事で会社側からしても影響は大きく、引継ぎは必要ですから、しっかり相談して決めたほうがいいです。薬のプロはそれほど簡単に代役が見つかりません。可能なら完全に引継ぎをしてから退職にしましょう。

転職エージェントを活用しよう

転職エージェントは制度がしっかりしており、登録すれば退職までの段取りも無料でサポートします。採用企業の給与など条件が確定した段階でコンサルタントは人材に対してサポートしてくれます。調剤でもドラッグストアでも少なくとも時間を作って退職までのエスカレーションは重要です。アドバイザーは知識やノウハウを持っており、解決まで支援して助けてくれますので悩んでいる方は相談しましょう。その他にも転職では履歴書・職務経歴書の添削や面接対策もサービスしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました