薬剤師の転職:転職回数多い人はリスク?その理由

業界事情

薬剤師は就職がとても容易な職業であることから、転職回数はそれほど重要ではないと言われていますが、それは本当なのでしょうか?薬剤師では、他の業界に比べ転職を考えている人や転職を繰り返す人が多数います。しかし転職回数が増えすぎるとリスクになります。

転職回数はリスク?

転職回数はできるだけ少なくした方がいいです。薬剤師は比較的就職先に苦労することもないため、とても有利ではあるものの、転職回数が重なると不利になり転職しづらくなることが現状です。薬剤師でも転職回数は重要です。出来るだけ転職はしない方が良いです。基本的にほとんどの方が転職回数に勤務条件が影響してきます。キャリアにおいて傷がつきますから大手へ転職も難しくなります。希望しても転職エージェントからサポートも受けられない傾向にあります。

転職回数の平均と転職理由

薬キャリやエムスリーキャリアなどの集計を見ると業種問わず、正社員の転職回数は20代から30代で2回程度、40代で3回程度、50代以降で4回、5回程度というものが多いそうです。ではどのような理由で転職をしていくのでしょうか。情報をまとめました。不安なら給料アップなど目指す前に自分の経歴、書類を1回みてみましょう。医療の世界に転職できる人材か、見直す必要があります。企業は勤続年数も重視します。不安なら資格なども取得しましょう。

病院の場合

病院の場合は特徴として年収がネックになります。ドラッグストア、薬局と比べても年収が低いです。現状の給料に不満をもち、より高い給与を求めてドラッグストアや調剤薬局に転職を考える人が多いです。病院は3回程度転職しても問題ないケースがあります。担当として成功するには今、ネガティブには考えずスタッフとしてスキルアップから考えましょう。現場の医師の年代によっては目指しても採用されないケースもあります。

調剤薬局の場合

調剤薬局は人手不足などで激務になってしまうパターンや人との距離があまりにも短いため、人間関係にストレスを抱えて辞めていくケースがとても多いです。調剤薬局は、3回~4回程度、複数回の転職をしていても具体的な在籍期間や実情によっては確率によって採用されることの多い勤務先です。調剤は地域によっては人材がいないため、印象が悪くても簡単に採用をもらえることも多いです。コツとして応募、入社の前に企業の口コミなども調査して見ましょう。

ドラッグストアの場合

ドラッグストアの場合は、営業時間がとても長いため、ストレスになります。夜勤なども発生することがあるため、生活のリズムが崩れやすいのです。また業務範囲が広く、レジ打ちなどを嫌う人もいます。ドラッグストアは、3回~4回程度転職をしていても採用されることの多い勤務先です。全国のエリアに勤務地はあるため、ポジティブな理由を付ければ一般的に採用されやすいです。ハローワークなどの求人はなおさら採用されやすいでしょう。

製薬企業の場合

企業で多い転職理由としてはやりがいの減少が挙げられます。製薬企業は年収がとても高いですが、残業も多かったりしますので安心できないこともあります。高収入でも子育てや結婚により対応、ハードワークが厳しくなり、辞めていきます。製薬会社は中途よりも新卒を積極的に採用しようとする動きがあるため、他に比べると転職回数の多い人は選考で不利になりやすいでしょう。回数が多いと、企業側が前向きでも一貫性のない経歴だと許容されず悪い結果になりやすいです。

公務員の場合

ちなみに公務員で薬剤師と言う方も一定数います。公務員の場合は、環境や状況により副業が禁止されているケースが多いため、自分で大切な事業をやりたい方などにはあまり向いていません。この場合は民間に転職するか、起業するかと言う話になってきます。ただし公務員の場合は転職回数は少ない人が多いです。何回も繰り返し、辞めていると経歴がネックで面接で落ちやすいですので注意。時期によっては出産などがあり、受験できないという注意点があります。

転職が不利になる転職回数は3回目以降

勤務先や年齢によっても異なりますが、薬剤師は3回以上転職すると選考で不利になることが多いです。3回以上になると、採用担当者が懸念事項として挙げるようになります。転職回数の多い人は、明確な転職理由を伝えるだけでなく即戦力となれるような経験・スキルを持っておかねばなりません。3回目以降でも、調剤薬局やドラッグストアは問題ないのですが、製薬企業のような一般企業勤務はかなり難しくなると思ってください。

許容範囲は超えない

求職者で許容範囲は転職3回程度でしょう。それ以上は危険です。大手で規模も大きく福利厚生など充実していれば、たとえ他が悪くても我慢しましょう。せっかく国公立や私立の学費の高い大学を出たのに、フラフラして収入が不安定だと勿体ないです。姿勢としてはできれば3年は我慢したほうがおすすめ。辞め過ぎだと人柄を評価してもらえず、今後審査すら十分通らなくなります。本当にハードルが高めになります。

転職理由を考える

どうしても転職回数が多い人はそれぞれの退職した理由をしっかり考える必要があります。これから転職理由を次の面接でしっかり伝えられないと、かなり厳しい目で見られてしまいます。「また辞めるのだろう」と職場環境で思われてしまいますので、面接で聞かれてしまったらしっかりこたえられるような回答を用意しておいてください。薬剤師は需要が高く売り手市場ですからしっかり対策すれば問題ありません。

製薬業界は厳しい

病院やドラッグストア、薬局などは転職に対しては寛容です。これはなぜかというと人手不足だからです。書類選考も通りやすく豊富な複数の求人から選べます。しかし一般企業である製薬業界などはとても見る目が厳しくなります。転職回数が多すぎる方は諦めたほうがいいかもしれません。一般企業は辞めるたびに転職が難しくなるからです。さまざまなやむを得ない退職はありますが、絶対1年は続けたほうが良いです。今後に及ぼす影響が大きくなっていきます。

長く働ける職場を選ぶ

以上のようなこともあるため、自身で探す場合、できるだけ長く働ける職場を選ぶことが重要です。働きやすさは求人情報だけでなく、口コミサイトなども活用することをお勧めします。また求人もできるだけ多く紹介してもらうことが重要です。転職エージェントは知識があり、リアルに勝手に求人を持ってきてくれるため、とても便利ですので、サービスを使うようにしてください。キャリアアップするための市場での事情を把握しておりヒアリングしてアドバイスもしてくれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました