薬剤師の転職:化粧品メーカー 年収、仕事内容 求人情報の特徴

業界事情

薬剤師は化粧品メーカーに転職して仕事ができるのか、求人情報や採用についてまとめました。薬剤師というと、薬局や病院というイメージがとても強いといえるでしょう。しかし薬剤師は一般企業に転職することも可能な職業です。薬剤師は化粧品メーカーでどんな仕事をすることができるのでしょうか?化粧品メーカーへの転職に、調剤や服薬指導の経験が生かせるのかどうか、解説します。

化粧品メーカーの仕事内容

薬剤師が化粧品メーカーへ行ってどんな仕事をすることができるのでしょうか。一般的には以下のような部門があり、それぞれで活躍の可能性があります。業務のイメージがわかない方もいるでしょう。メーカー等での勤務は調剤などのサービスとは違います。全国で正社員の応募がありますが、掲載の数は少なく、条件も厳しいことや、制度がしっかりしていることから激戦区でもあります。キャリアであれば600万円、700万円も見込めます。

研究開発

化粧品メーカーの研究開発は新規有効成分を研究したり、新素材として高機能なものを成分から作ったり、新しい商品を開発するために努力を重ねます。研究開発には、薬の成分だけでなく薬事法など法律に関する知識も求められます。薬剤師はこのフィールドでかなり重宝されることになります。

薬事申請

製薬会社では薬事申請は新しく製造・輸入した医薬品を、厚生労働省に申請し販売や使用の許可をもらう仕事です。必要な書類は、開発の理由や経緯、製品や品質のほか、試験のデータと試験方法を詳細に記入しなくてはいけません。現場では専門家である薬剤師としてのノウハウや知識を自由に活かすことができます。

管理部門

化粧品メーカーの品質管理で薬剤師が活躍できるフィールドがあります。薬剤師は化粧品・医薬品の安全管理や、広告表現のチェックなどを担当することもあります。薬事法に関する深い知識が必要なため、薬剤師がスキルを発揮できる仕事です。全般として登録販売者や看護師などと違って各種キャリアの幅が広いです。サプリメント、化学、工業、食品、商社や物流、健康食品などの工場や会社でも取り扱いはさまざまで大学院で学んだ薬学の知識を活かせるポジションがあります。

化粧品メーカーの年収と休日

化粧品メーカーの年収は350万~700万前後になっています。調剤薬局や病院であれば、年収500万前後になるため、年収が落ちるリスクがあります。ただし開発職の場合は、専門性が必要とされる仕事となるため、支給される給与は高くなる傾向があります。その一方で、管理などの仕事の場合は年収が落ちる可能性が高いです。また、サービス業ではないため、長期休暇もカレンダー通りに取りやすい職場です。仕事次第では、終業後にプライベートを充実させることもできるでしょう。土日休みの会社が多いのメリットです。

薬事の知識が開発に生かせる

薬剤師の視点を活かして担当者として品質保証や商品開発できることは、化粧品メーカーに勤めるメリットです。学んだスキルや知識を、新商品のアイデアに落とし込むことで関わることで貢献できるため、企業側から見ても、即戦力として期待される人材ですので魅力があります。採用の可能性はそこそこ高いです。担当者は分野によっては在宅にも対応しており待遇も良いです。雇用形態は正社員、契約社員、派遣社員、アルバイトなどさまざまです。

女性が多い

化粧品メーカーは、職場環境で女性が多いです。女性社員が多数を占める仕事環境は、性別に関係なく手厚い福利厚生が望めます。ライフスタイルに変化があっても、働きやすいことが考えられるでしょう。結婚や出産があっても安心でしょう。また部署ではスペシャリストとして実務ができるので存在は大きいです。結果としてMRやPVなどで働くより市場価値が高まります。

福利厚生が充実

化粧品メーカーは老舗で美容の大手企業が多い上に女性社員も多いため出産や育児などの理解を得られやすく、社宅ありで産休や育休も取得しやすい傾向があります。この点は小さな薬局や病院にはないメリットになるため、とても大きいです。通勤も駅チカで探すことができます。社員のお仕事はチームでサンプルの検査や分析などで体力的に厳しい仕事ではありません。

求人数自体が少ない

化粧品メーカーは人気の高い職種で、一般企業と同様に新卒採用がほとんどで中途採用の求人が少ないです。求人の少なさの背景には離職率の低さがあります。離職によって欠員を補充するための募集も非常に少ないです。それだけ環境が良いということになります。情報収集してみるとスタッフは勤務時間はフレックスタイム制で週休2日で年間休日は120日以上、残業手当あり、土日祝日休みになりやすいです。社会保険は完全に完備で、昇給、賞与、交通費支給もあります。

転勤の可能性

運営会社の大手化粧品メーカーの中にはエリア、場所によって国内でも幅広い拠点で事業運営をしていて、海外で事業展開している上場企業もあります。転勤の可能性は十分あり得るので考えておきましょう。雇用形態によっては海外での化粧品販売をするための海外転勤する可能性もあります。国内外で職務で英語を使って取引することもあるでしょう。顧客との折衝能力が問われます。

転職回数

化粧品メーカーは一般企業と同じ目線で書類選考をしてきます。薬剤師の場合は転職回数が多い方もいるため、書類選考で不利に働く可能性もあります。そのため、転職回数が3回以上あると不利に働く可能性があります。学歴は大学以上であればエージェントからのサポートを受けていけば転職できます。月給はどうしても東京が一番高いです。

未経験でもメーカーで働くことは可能?

未経験でもメーカーで働くことは可能なのでしょうか?求人の傾向を解説します。化粧などの業界で情報収集をするさい、参考にしてください。クリニックやジェネリック医薬品の会社とは違った特徴があります。実際、実績のある会社は資金力もあり、薬局等よりも経営が安定しますから安定して働けるのがポイント。

研修や教育が充実

研修や教育が充実しています。薬局などではいきなり現場へ放り込む鬼畜な企業が多いですが、化粧品関連のメーカーはそんなことはしません。業務の前に、素材、原料などの知識を詰め込んだり、安全性に関しての教育を行います。これは経験や年齢に関係なく行われます。ただし薬品などとは違って分野が違いますから具体的に求めるスキルも変わります。

未経験者も歓迎

残業などの対応も手当がしっかり出ますから安心です。サービス残業は少ない傾向です。アルバイトでも時給が高く、サービス業のように800円くらいではなく1000円~で探せます。また非正規雇用であればブランクがあったり、未経験者も歓迎しているケースが多いです。新着や更新の求人は少ないので取り合いになります。

薬局や病院とは違う

薬局の店舗や病院とは違うため、化粧品などはサービス業ではなく一般のメーカーに携わる業務が近いです。処方箋の処理や服薬指導で患者に直接資料を説明する業務ではありませんのでサービス業とは違ってきます。スキルがあると、業務委託など目指す方もいます。業種によりますが地域によっては本社の自社ビルをもっていたり、資金があって体制もしっかりしています。落ち着いてスキルアップができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました