薬剤師の転職:上から目線の薬剤師が多い理由は?

業界事情

調剤の薬剤師で上から目線が多い理由について紹介解説します。薬剤師の就職先になるのは接客業務が発生するような薬局やドラッグストアなどがメインになります。実際に来店するお客さんと上から目線でお話をすることも多いためか、客の中には薬剤師に不快感を感じる人も多いようです。なぜ薬剤師は上から目線で接客をしてしまうのでしょうか。

上から目線の薬剤師が多い理由

上から目線の薬剤師が多い理由は以下のようなことが背景にあるからと言われているのです。調剤薬局などで正社員の薬剤師が患者に対して、質問の仕方、接し方など失礼な態度を取る人がいます。キャリアがあり専門知識、経験があるからこそ見下してしまうのかもしれません。しかしサービス業ですのでこれらの態度は許されません。誠実な支援、コミュニケーション、サポートが求められます。声や接した時の感じが悪いと、医療のサービスでは嫌われます。情報をまとめて紹介します。

接客がそもそも苦手

薬剤師になりたいと思っている方や、実際に資格を取得して働いている方はあまり接客が得意なタイプがいません。根暗なタイプが多く、あまり口も利かないタイプが薬局などに就職してくるため、どうしても接客対応が雑になりやすく、お客様に不快感を与えやすいと言われています。薬剤師にあまり明るい性格の方は多くありませんから、当然なのかもしれません。

家庭が裕福

現在薬剤師の場合はそもそも、薬剤師になるまでの学費がとても高額です。1000万円以上かかるケースもありますので、同じ医療従事者は全体的にスタッフに親が医師や経営者の家系であることがおおいです。そのため、一般層を見下すケースもあると言われているんです。医師と一般人では財力が全く違います。必要な処方など患者に理解させて説明する時に目や顔など態度に出てしまいます。

学力が高い

薬剤師の場合は6年制の大学に通うということもあり、ランクの低い大学よりは学力が高めです。もちろん高卒よりも学力は上ですから、特権階級の意識は比較的強い傾向にあります。これも働いてか、上から目線になりがちと言われているのです。少し勉強してきているので高飛車なのかもしれません。サービスとなると現場で話すときに知識を自慢するような人がいる時、こんな薬剤師は嫌われます。

薬学のプロ

薬剤師はお薬に関してはプロです。専門職となるため、一般人を見下してしまうケースもあります。特にお薬の説明などをするとき、説明を聞いている客は不快感を感じることが多いです。理由は薬剤師であれば知っていて当たり前のことが一般人にはわからないため、「そんなことも知らないの?」という態度を取ってしまう方も多いのです。これを見た客は当然ながら不満を持つのです。

高収入

薬剤師は一般で見れば比較的高収入である傾向があります。年収も500万~600万程度稼ぐことができますから、薬局などに来店する一般客を見下す方が一定数いるのです。たまに露骨に態度で客に対して示してくる薬剤師もいるため、高飛車な印象を与えてしまうのです。日々、注目の商品の効果などに興味のある患者がいたら、お客様に奉仕する立場として医薬品について聞いてもらい、理解してもらう必要があるのです。

上から目線ではない場合もある

一般人からすると、自分がまるで見下されているように見えてしまうことが多いでしょうが、じつは上から目線ではないこともあります。薬局やドラッグストアなどの薬剤師には以下のような背景もあります。見下しているつもりがなくても、結果的に見下しているように見えてしまうケースがあるのです。基本、お仕事のとき、患者と話しをしているときに相手を見下しているような態度に見えてしまうこともあるのです。

業務量が多い

特にドラッグストアなどの薬剤師はとても業務量が多いです。接客業務だけでなく、服薬指導、発注、品出しなどやることがいつも多いのです。それがゆえに気持ちに余裕がなくなり、第三者に対して不快感を与えてしまうケースも少なくありません。特にドラッグストアや薬局などは離職率も高いので、人手不足になり、人気の場所だと忙しい店舗もあります。

人間関係で悩んでいる

薬剤師の職場であるドラッグストアや薬局などはとても閉鎖的な環境にあります。そのため1人でも嫌いな同僚がいると精神的にとても辛くなってしまうのです。そんな状況になると、無意識にお客様に対して、失礼な態度で接してしまうケースもあります。余裕がないゆえに雑な対応をしてしまうのです。セクハラ、パワハラ、もしくはモラハラなどで苦しんでいる薬剤師は意外と多くいます。

焦り

人手不足の店舗などは碌な研修も行わずに未経験者をいきなり配属させてしまう業務をさせてしまうブラック企業もあります。当然未経験者ですから、いきなり業務に放り込まれても右往左往するだけになってしまいます。結果的に接客もいい加減になってしまい、お客様を怒らせることにもなります。

対人業務に向いていない

そもそも薬剤師の場合は対人業務に特化した職業とは言えません。薬剤師の場合は薬学のプロではありませすが対人業務には一切慣れていないケースも多いため、全く向いていないがゆえに上から目線に見えてしまうケースもあるのです。

接客が苦手な薬剤師は転職するしかない

薬剤師はずっと苦手な薬局やドラッグストアなどに勤務していても苦手な接客を続けるしかありません。最近悩み続けている方は接客の発生しない製薬会社や化粧品メーカー、さらには公務員になるなど、他の選択肢を希望して考えておくことが重要です。転職エージェントは非公開求人を多数持っておりますので、登録することをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました