薬剤師の転職:仕事で役立つ有利な認定資格一覧を紹介 給料アップと求人での需要

業界事情

薬剤師の資格は、キャリアアップ、スキルアップでプラスになります。認定の資格を取得すると有利ですので記事で解説します。薬剤師と言えば資格は薬剤師だけあれば十分でしょう。しかし未経験の場合は資格などで転職先にアピールする必要があり、ないよりは持っていたほうが明らかに有利になります。そこで薬剤師が取っておくと便利な資格を紹介していきます。

薬剤師に他の資格は必要か?

薬剤師は国家資格がありますのでこれだけでやっていけます。しかし他の資格を取ることで優位性が生まれ、全国で転職がしやすくなります。領域にもよりますがスキルを身につけると学会でも活躍できるでしょう。感染症や疾患についてもさらに詳しくなれます。もちろん感染対策の処置なども正しくできるようになります。

さらなる給料アップ

地域にもよりますが一般社団法人の認定制度は多数あり、大きく能力をつけるとさらなる給料アップも可能になります。在宅でも勤務して服薬指導などできるようになるでしょう。サービス向上にもなりチームの研究や環境にも良い影響を与えます。そのため最新の資格や知識を身につけると有効に業務で活躍できるのです。学生でも認定されれば登録できます。ほかと差別化できてチーム医療で役立ちます。

講習会やセミナー

無料の講習会やセミナーなどの活動で論文の発表などもあります。調剤や健康に関して論文から知ることもできるはず。従事するうえで栄養や健康に関しての知識は必須。継続して学習していくとアドバイスできるような立場にもなるでしょうから参加を検討しましょう。メディアでも新薬に関するニュースは多いので注目しましょう。幅広い、講習を受けて信頼される薬剤師になりましょう。複数に対応できるようになると評価も高くなり、転職にも困らなくなります。

キャリアアップも可能

キャリアアップもできます。履修して専門知識を身につけると実践できるエリアがさらに広がるのです。サプリメントアドバイザー、スポーツファーマシスト、管理栄養士、理学療法士、在宅医療処方、などのスペシャリストとして年齢も制限なく活躍可能です。高めることで働く対象の職種も増えます。たくさんの機関でさまざまな疾患の領域で幅広く活躍できるでしょう。

認定薬剤師

認定薬剤師は、「認定薬剤師制度」による一定の研修や実技を通して定められた単位を取得した薬剤師のことです。厚生労働省のガイドラインや日本薬剤師会の手引きにおいて、管理薬剤師の要件として認定薬剤師の取得が推奨されています。管理薬剤師をこれから目指したいと思っている方にはお勧めの資格になります。認定薬剤師には多くの種類があり、数多くの団体が認定を行っています。

専門薬剤師

専門薬剤師は特定の専門分野において、薬物療法などに関する十分な知識と技術を持っているという資格になります。経験や実績を積み、研修や講習で知識と技能を高めた後に、試験に合格することで専門薬剤師として認定されます。専門薬剤師は多くの種類がありますので、どの分野を選ぶかによって変わってくるでしょう。

認定実務実習指導薬剤師

認定実務実習指導薬剤師とは公益社団法人日本薬剤師研修センターによる認定資格です。薬学生が医療現場で実務実習を行う際に指導ができるという資格になります。認定実務実習指導薬剤師になるには、養成研修を修了したうえで所定の手続きによって申請が必要です。6年制の薬学部を卒業している場合は、実務経験が3年あれば研修を受講できます。

サプリメントアドバイサー

サプリメントアドバイサーは保健機能食品やサプリメントの提案・説明力を証明する資格です。資格を取得することで、消費者のニーズに合わせた情報提供ができるようになります。現在は老化予防などの治療薬が開発されている背景があり、中年以上の世代がサプリメントを利用する人も増えているため、今後需要が高まっていくでしょう。

日本糖尿病療養指導士

糖尿病患者の薬物治療を深くサポートをしたい方におすすめの資格です。食事療法、運動療法、薬物療法などの指導を行うための資格です。この資格は糖尿病治療の場において需要が高く、専門的な知識をもとに薬物療法の提案や指導をするために有用です。

精神科薬物療法認定薬剤師

向精神薬の適正使用に貢献したい方におすすめの資格は、「精神科薬物療法認定薬剤師」です。精神疾患の薬物治療において高度な薬学的知識や技術が身についているという証になります。現代では精神疾患をわずらう人も増えているため、今後ますます需要が高まっていくと推測できます。

ケアマネージャー

ケアマネージャーは、介護保険制度に基づいてケアマネジメントを行うための資格です。資格を取得するためには、年1回実施される試験に合格しなくてはなりません。介護福祉系資格のなかでは難関資格の一つとされており、合格率は20%程度で推移しています。要介護認定業務や給付管理業務、要介護者本人とその家族からの相談業務も重要な役割です。

メディカルアロマセラピスト

病院や福祉施設などの医療関係の現場やサロンなどにおいて、アロマを使用した処置を行う資格になります。日本アロマセラピー統合医学協会が指定するスクールにおいて、4ヶ月程度の授業を受ける必要があります。入学金および授業料として20~40万円程度が必要になるため出費もあります。

がん専門薬剤師

がん患者の薬物治療や副作用対策としてはこの資格があります。この資格は、がんの薬物治療に関し、専門的な知識や技術を持つ薬剤師の資格です。現代人の3割がガンになりますからこの資格の需要は極めて高いものになるでしょう。

ダブルライセンスと就職先

情報として2つの国家資格を得ることで選択肢が広がる可能性があります。薬剤師と言う資格だけでなく、他の資格を得ることで、条件や選択肢が広がり、自由度も上がっていきますのでおすすめです。スキルアップによりキャリアの支援にもなるでしょう。医薬品の臨床の専門性を高められ、適切な教育にもなります。目指すうえで活躍する舞台も増えていきますから求められる人材になるでしょう。スタッフは役立つ資格になりますのでチェックしましょう。

弁理士

弁理士とは発明やデザイン、ブランド等の知的財産を保護するための専門家であり、法律の専門家です。主な仕事内容は日本弁理士会で以下のように定義しています。

簿記

簿記は経理をイメージする方が多いかもしれません。簿記を取ることで経営に興味がある方はこっちの方向性に道をひらけることができるようになります。経営者になりたい方は簿記を取得することもお勧めになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました