薬剤師の転職:パワハラ、セクハラ、モラハラの職場と対処策は? 求人探し

業界事情

薬剤師のパワハラやセクハラは人によっては薬局の職場で受けることがありえます。薬剤師は転職しやすい職場ですが、だからと言って職場が常にホワイトなのかというと全然そんなことはありません。薬剤師が働く職場にも恐ろしくとんでもない職場は存在します。そんな職場に遭遇した場合は、どのような対策を講じればよいのでしょうか。

モラハラとは

「モラルハラスメント」を略したものがモラハラです。モラルとは倫理や道徳という意味をもつもので、モラハラは倫理や道徳に反する嫌がらせという意味と捉えることができます。たとえば、話をかけても無視する、暴言を言うなどがまさにこれです。

パワハラとは

パワーハラスメントを略したものがパワハラです。パワハラは自分の地位や力を利用した嫌がらせが多いです。たとえば、実際に物理的に相手を殴るとか、いやがらせをする、さらには地位を利用して部下に対して何らかの行為を強制させるなどがあります。

セクハラとは

セクシャルハラスメントを略したものです。性的な言葉、行動によって相手を傷つけてしまうものを言います。これは女性が受けることが多いのですが、女性の上司が男性の部下に対して行うこともまれにあります。

モラハラ、パワハラが起こりやすい職場

モラハラ、パワハラが起こりやすい職場として挙げられやすいのが実は薬局やドラッグストア、病院などです。これは以下のような点が理由として挙げられます。働きたいと思った職場がある場合、前に面接などで情報の調査が必要です。調剤などの薬を扱う職場では同じ悩みを持った立場の方が多いです。悩んでいる原因があれば改善も必要でしょう。

職場環境が閉鎖的

ドラッグストアなどはとても店舗が小さいです。さらに管理もずさんで指導もないと人間関係も閉鎖的であるため、条件によっては従業員同士がぶつかりがちなことも少なくありません。閉鎖的な空間だと人間関係も固定されやすく、派閥なども生まれやすいです。薬剤師の場合それほど人の数もいないことから、中途入社も少ないのです。先輩などからのいじめはよくあります。

女性ばかりの職場

薬剤師の場合は女性が多いです。元々女性の方が多くなっています。そのため女性ばかりが集まってしまうことにより、派閥などが形成され、ある一人だけが攻撃対象にされてしまうこともあります。女性のいじめの場合、陰湿なものが多いため、直接目に見えるものではなく、間接的な嫌がらせが多い傾向にあります。そのため薬局は人気の職場とは言えませんのでこの現状は納得です。

陰キャラが多い職種

薬剤師の場合はどうしても明るい性格の人が少なく、陰キャラが多いです。そのため、陰湿ないじめが起こりやすいといえるでしょう。上記で挙げた通り、直接的な暴力というよりは影でこそこそ嫌がらせを行うパターンが多くなります。また給与も正社員ですらまったく良いとはいえないのでストレスを抱える方は多いです。

医師からの嫌がらせ

病院勤務の場合は、医師からのパワハラやセクハラがとても多いです。医師はどうしても医療という分野では地位が高いため、看護婦や薬剤師などに手を出すケースがとても多くあります。医薬品の現場はこのケースがとても多いです。新卒でもあまり大切にされない傾向があります。精神的な我慢が必要です。対処法としては結局、運営などに声を上げるしかないです。

対策

対処策としては以下のようなものが挙げられます。どれも難しい場合は解決策がないことを意味します。その際は転職するしか選択肢がありません。その場合は転職エージェントなどを活用することをお勧めします。解決できない場合は服薬指導の職場での募集はいくらでもありますので社員スタッフは転職もありです。

上司に相談

嫌なら上司に伝えることでもちろん相談するのがポイントです。まずは自分の上司に打ち明けてみるのが一番の対策になります。もしその上司が本当にまともな人間であれば職場の環境改善に動くはずです。もしその上司もあなたに嫌がらせをしてきた場合は諦めて転職したほうがいいでしょう。その職場自体がもはや非常に腐敗していると思って間違いありません。

民事裁判

対策としては民事裁判という手があります。弁護士に相談することから始めてください。その時に大事なのは証拠になります。メールでも音声でも、録画でも構いませんので被害の証拠を録音して必ず押さえておいてください。いつ・どこで・誰に・何をされたのかしっかりと日記に残しましょう。慰謝料の相場は50万円~100万円と精神的苦痛と比較して十分とはいえない金額です。そのためもう見返りはあまり得られないと思ってください。大手でもいじめはよくあります。

退職

おそらく、大半の人がその後退職を選択することになるでしょう。しかしろくでもない職場と言うのはほとんどが引き留めをしてくることになります。そして、具体的にいやがらせもしてくるケースがとても多くありますのでとても危険です。退職を検討している場合は以下の記事も参考にしてください。薬学部を出ていれば専門の担当者として任せてくれる仕事はたくさんあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました