薬剤師の転職:MRは難しい? 未経験でも製薬会社へ転職する方法紹介

業界事情

MR職への転職は難しいと言われていますが未経験でも製薬会社へ行ける方法の記事を解説します。薬剤師の転職先としてはとても有力な候補になります。MRはどちらかというと、営業職の一つになるため、それほど高い専門スキルを必要としないため、比較的転職が成功しやすい職種の一つになります。医療業界で活躍できることから、近年注目されている職種の1つでもあります。

MRとは?

MRの正式名称は「Medical Representative」といい、日本語に訳すと「医薬情報担当者」という意味です。いわば医薬品情報を取り扱う仕事で医療関係者に対し、医薬品の品質・安全性・有効性などの情報を正しく提供してサポートしていきます。製薬業界のメーカーでは必須の職業の一つとなり、採用枠も比較的多い職種の一つになります。キャリア形成が可能で働き方としては営業系なので外勤が多いです。同業の経験を活用できます。20代に非常に人気があるのが特徴です。転勤があるので良く考えることをおすすめします。

MRの仕事内容

MRは自社の薬を取り扱ってもらうようにするといった広報・営業業務が主な仕事です。医師の処方箋が必要な処方薬をMRは取り扱い、医薬情報を今後提供していきます。薬のスペシャリストとして、製薬会社と医療現場の運営の橋渡し役を担っています。これと言った専門性の高いスキルが必要ではないため、未経験者でも比較的就職が可能な職種の一つになります。外資系の場合は英語スキルなど担当として求められるケースもあります。

MRの平均年収

MRの平均年収はやや高めになります。日本の平均年収と比較すると高い傾向にあります。以下は求人ボックスによる集計になります。月給で換算すると41万円、初任給は22万円程度が相場になります。正社員の給料分布を見てみるとボリュームが多いのは546〜646万円になるため、とても高い年収を期待することができます。大手で内定をもらうと高い年収を受けることが魅力で女性も積極的に挑戦する方が多いです。市場での知識や実績があると希望が通りやすいです。

参照元:求人ボックス

必須資格

MRになるために必須の資格や学歴などは特に必要ありません。ただし、MR:Medical Representative(医薬情報担当者)という資格があり、実際にMRになっている方はこの資格を持っている傾向にあります。複数資格があると優遇されます。また医薬品を取り扱うことから、薬剤師の方もとても多いことが分かっています。

MRの将来性について

新薬の開発が減少傾向にあることもありMRの将来性を疑問視する声があります。しかし当面はまだまだ需要は高いままです。MRは製薬会社・医療関係者のどちらにとっても必須の存在であることから、いきなり失業することはまずありません。数十年後の未来はわからないにしても今すぐなくなるような仕事ではありませんので安心しましょう。

未経験でも転職可能?

MRは比較的専門性も必要ない職種でもあるため、転職は未経験でも成功しやすい傾向にあります。ただしMRの求人には以下のような傾向が見られますのでそれを加味する必要があります。人材にはどのようなものが求められるのでしょうか?医療機器のノウハウや領域、自身の強みなど中途採用の状況では求められるので、厳しい一面があります。

大学卒業以上

薬剤師の方であれば問題ないですが、MRになるための応募資格は、ほとんどの場合が大卒です。専攻していた科目などは特に関係がないので、大卒であればとりあえずなれる傾向にあります。文系の分野でも挑戦は可能です。給与が高く、勤務が過酷でも新卒が入社し続ける実態があります。

2種類の就職手段

MRになる道は2つあります。医薬品を取り扱う製薬会社にMR候補として就職するか、MR派遣を行う企業であるCSO(Contract Sales Organization)にMR候補として就職するかです。CSOでは、MR未経験者を募集している場合もあり、若年者であれば比較的就職できる可能性が高いです。

営業の経験

現在MRは医療関係者とコミュニケーションを取りながら、医薬品の情報を正しく伝えるため、営業にとても近いです。仕事の大部分は営業的要素が強いため、営業の経験を生かすことができる仕事です。ただし医薬品のプロとして勉強がたくさん必要になります。

離職率が高い

MRは離職率がとても高い仕事と言われています。辞める理由としては人間関係が難しいと感じること、ノルマが厳しくプレッシャーに耐えられないことや激務が辛いことが挙げられます。40代だと対応できなくなりあまりMRで活躍している方は多くありません。大きな転機を迎えて職場を変えていく方が多いです。

外勤が多い

MRは仕事柄営業にとても近い属性です。そのこともあってか、外勤がメインになりますので、対人業務が好きな方に向いています。その一方で引きこもりがちな方には全く向いていません。性格によって向き不向きはかなりわかれていくでしょう。外勤の経験がある方には向いていると言えます。

製薬業界の経験

MRは製薬業界の経験を持っている方だとかなり優遇されます。そのこともあってか、業界経験がある方だとかなり有利になります。業界、職種ともに未経験の場合はやや不利になりますので、その点も考えて応募したほうがいいでしょう。

年齢

MRは専門知識が必要な仕事なので、教育する時間を考慮して35歳以下を条件としている求人が多く見られます。そのため、未経験の場合は30代までに挑戦したほうがいいです。経験がある方であれば何歳でも応募できるチャンスも採用できるチャンスもあります。

転職方法

MRはできるだけ転職エージェントで探したほうがいいです。転職エージェントは多数の求人を抱えており、MRの求人を見比べながら応募を検討することが可能になるからです。志望動機やキャリアアップなどしっかり自分の将来像を具体的で明確にできる方が転職に成功します。

面接対策をしてくれる

転職アドバイザーは面接対策をしてくれます。転職が厳しくなる30代後半でも転職を成功させるための様々なサポートをしてくれます。志望動機、転職理由、さらにはアピールできる強みなど、それぞれを助言してくれますので活用しましょう。全国で需要はあるのですが地方の特定地域では求人がほとんどないケースもあります。

書類添削も可能

マイナビやリクルートエージェントなどの現役アドバイザーは履歴書、職務経歴書の添削もしてくれます。現職のまま活動しても理解してくれてさまざまなサポートをしてくれます。応募は無料で可能ですし、保有求人をたくさん紹介してくれます。できれば20代後半から30代前半での転職が望ましいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました