薬剤師の転職:新卒薬剤師が調剤薬局の面接で落ちた理由 よくある例

業界事情

薬剤師と言えば、就職先は調剤薬局、ドラッグストア、そして病院がメインです。その中でも調剤薬局の面接を受ける方はとても多いのですが、調剤薬局の場合はそれほど難易度が高いわけではありません。それではなぜ面接で落とされてしまうのか、その理由をお伝えします。

新卒でも調剤薬局の面接に落ちる

まず前提条件として言わなければならないのですが、新卒だとしても調剤薬局の面接に不採用になる可能性はあります。薬剤師だからと言って採用率が100%になるわけではありません。薬剤師としての薬の知識がどんなにあったとしても、スキル、キャリアはないし、人間性がともなっていないと採用を見送ります。そのため、最低限のビジネスマナーや人との接し方というのは絶対に必要になります。薬局の場合は、接客業務も入りますので、対人関係に問題がないかどうかも見られるということになります。

薬局の面接に落ちた理由

薬局の面接に落ちた理由としては以下のケースのいずれかに該当することがほとんど。これを見ればわかる通り、事前に対策を打てば合格することはそれほど難しくありません。活動が難しい状況の方は参考にしてみてください。今回、学生の方や薬学部を出たばかりで疑問を感じる方におすすめの記事です。

清潔感がない

清潔感がないというのは致命的です。薬局の場合は対人業務になるため、最低限の清潔感は必須要件。薬局は狭いので清潔感がない場合は同僚にもいやがられます。以下のような点を気を付けましょう。服装は特に注意ですのでスーツなどチェックしてみましょう。

  • ヨレヨレの服は着ない
  • 髪にフケが多すぎる
  • 革靴がホコリで汚れている
  • Yシャツが汚い

表情が暗い

薬局の場合は対人業務がありますので表情が暗い人はとても厳しいと言わざるを得ません。とても暗い表情をしているとネガティブなイメージを面接官に植え付けることになり、不採用率が大きく上がってしまいます。また、同様に声が小さいとか、目を合わせられないなども問題になります。

ビジネスマナーがない

ビジネスマナーがないのは厳しいです。挨拶であったり、定時にしっかり出金するなどの最低限のルールは守れないと、職場の規律が乱れてしまいますし、そういう人間が最初に排除されてしまいます。

志望動機がない

どこの薬局に面接をしに行くとしても、志望動機というのは絶対に聞かれるでしょう。そもそも企業はなぜ応募したのかという動機が一番気になっています。企業研究をしないと、なぜ応募したのかという点において企業が不安視してしまい、不採用になってしまいます。

やる気がない

モチベーションが顔にすぐに出てしまうタイプの方はやる気がないとみなされてしまい、不採用にされてしまうリスクもあります。やる気がないという態度、雰囲気を表には絶対に見せてはいけません。滑り止めだとしてもやる気をしっかり出して受け答えしていきましょう。

アピールがない

いくら新卒だとしても自分自身のアピールは必要です。自分の強み、アピールポイントがないと、企業側が採用するメリットがないと判断されてしまいます。経験がないことは企業も知っています。それならば、これから勉強したいことや起業にどのように貢献できるのかを伝える必要があります。

質問に対して無言

質問に対して無言は絶対不採用になります。基本的に質問には回答する義務があります。想定外の質問や、思い浮かばない場合は「今は知識がなく回答することができません」と伝えることも重要です。無言で何も回答しないことは悪手です。

薬局の面接で落ちないための方法

今後、薬局の店舗などで面接で落ちないためには以下の点だけではしっかり押さえておく必要があります。医療の分野において、エリアにもよりますが気軽に残業や福利厚生の制度などを聞くのではなく研修の制度や人生で大学で学んだことをいかに活かしたいかなどの勤務や志望における取り組みの姿勢やアピールが重要です。大切なことをまとめました。目指すうえで安心するためのコツを紹介します。

企業研究

薬局企業のリサーチをしてどんな社風なのか、どんな社風なのかをしっかり準備、把握、意識しておきましょう。企業のことは必ず面接で聞かれてきますので、これに回答できないと、確実に面接落ちになりますので注意です。なぜその企業を希望したのかを言えないと印象が悪くなります。

患者への対応

薬局の場合は患者へのサービス精神が必要です。薬剤師だと調剤、薬学の知識を活かせても、接客が苦手な方が多いのですが、薬局自体がサービス業なのでサービス精神を持った人材が求められます。大手だとしても奉仕する姿勢を見せることが重要です。これがないと内定はもらえません。

やる気を出す

面接中は相手もあなたのやる気を見ています。あからさまにぐったりしていたり、態度が悪かったりすると、相手も採用したいとは思いません。できるだけやる気を相手に見せてアピールすることが重要になります。働きたいという良い印象を担当へ与えましょう。

面接官の目を見る

コミュ障の場合だと面接官と目が合わないという問題が起こる可能性もあります。面接の場合はしっかり相手を見て話すようにしてみてください。動物ではありませんから、目が合っただけで喧嘩になるわけではありませんから安心してください。自信を見せないと就職活動で採用してもらえません。

結論から話す

質問に対しての回答は基本的に結論から簡単に話すことが重要で社会人のマナーです。面接で一番やっていけないのは「結局何が言いたいのかわからない」「質問に対して答えになっていない」ことです。薬局の場合は対人業務がありますので、これらの会話、言葉のやり取りができない人は確実に失敗、落とされてしまいます。

長所と短所

自身の長所と短所を客観的にきちんと分析をしましょう。自分が思う具体的な長所と短所だけでなく、知り合いからの分析も伝えてもらいましょう。出来るだけ多く教えてもらい、どの点が企業に貢献できるのか、などを伝えることが求められます。悩みも減るはずです。

キャリアプラン

未来の薬剤師像を企業側に伝えることで将来像を企業側にイメージしてもらいやすくなります。どんな薬剤師になりたいか?というのは薬局側もとても気にするポイントになるので、大雑把でもいいですから、未来像を考えておくことが大事です。必要であればエージェントに登録をしてコンサルタントに面談してもらって就活アドバイスサポートをもらってみましょう。

面接対策

転職エージェントでは正社員の面接対策対応をしてくれます。面接の練習、履歴書添削、職務経歴書添削などもあります。サービスが十分ありますので活用してみましょう。言葉遣い、コミュニケーションなどにも指摘をしてくれます。

お仕事に関して

お仕事に関しても転職エージェントはプロですから市場動向などニーズも色々解説してくれます。スキルアップのための助言や自分の履歴書プロフィールの問題点を洗い出してくれます。もちろん求人情報の紹介もしてくれます。

エージェント特徴URL
ファーマキャリア     エムスリーとのパイプを生かして多数の求人が掲載薬剤師専門の転職サービス【ファーマキャリア】
ファルマスタッフ派遣も含めて薬剤師の求人が多数あり薬剤師の転職&派遣ならファルマスタッフ
ファゲット20年以上にわたって薬剤師の転職サポートを行っているファゲット
セルワーク薬剤師薬剤師向けの求人数が非常に多いセルワーク薬剤師
エクスファルマ実務経験をもつ専任アドバイザーが転職をサポート【エクスファルマ】
ジョブデポ薬剤師非公開求人が多く求人が充実している転職サイトジョブデポ薬剤師
お仕事ラボ希望の職場に逆指名をおこない、求人募集の交渉をしてくれる薬剤師の転職・派遣ならお仕事ラボ
DODA地元の求人も多く取り扱っている定番のエージェントDODA
JAC Recruitment外資系の大手を中心にグローバル企業から内資まで紹介しているJAC Recruitment
リクルートエージェント求人の量では日本一。中小企業の無名企業まで網羅しているリクルートエージェント

コメント

タイトルとURLをコピーしました