薬剤師の転職:定年と定年後の再就職 60代に求人はあるのか?解説

業界事情

薬剤師の定年後の再就職について、60歳からの働ける仕事について記事で解説をします。とても転職しやすく、なかなか失業することがない職業の一つでしょう。しかし定年になると薬剤師はどうなってしまうのでしょうか。定年後に「老後のために働きたい」「薬剤師として医療に関わり続けたい」など、再就職を希望する薬剤師は少なくありません。どのような選択肢があるのでしょうか。

定年退職後の人生

薬剤師は50歳、60歳、70歳になると定年退職をする方が多くいます。しかし近年は人間自体の不老化が進んでおり、60代になってもとても元気な方が急増しています。100年前の60歳と今の60歳では比較にならないほど若いのです。2007年生まれの方が今後の人生で107年以上生きると言われていることから、人間の不老長寿化は急速に進むことになります。それに伴い60を過ぎても働く人は急増します。ではどのような人生があるのでしょうか。調剤などの経験があるので働ける求人情報は意外とあります。

再就職

実際薬剤師はとても需要が高い職業の一つです。厚生労働省の調査だと、登録されている薬剤師で60歳を過ぎても薬剤師の求人倍率は2倍以上あることが分かっています。有効求人倍率2.77倍というのは、1人あたりに2.77件の求人があることを示しており「求職者優位の売り手市場」の状態です。知識もあり給与も高いので豊富な求人があります。

参考元:厚生省

独立や起業

薬剤師は専門職でもありますので、仕事探しをせずに薬剤師としてのキャリアを活用して経営、独立することがあります。これは自分が調剤薬局の開業をしたり、医薬品のお店やドラッグストアを開業することがあるのです。このような場合は自分自身が経営者であるため定年が存在しません。考える際には立ち上げで資金が必要なので確認をしておきましょう。

再雇用

薬剤師は全体的に見ても人手不足です。都市部の一部では飽和しているのですが、地方へ行けば行くほど薬剤師の絶対数が足りません。定年は60歳から65歳、70歳になりますが、再雇用されるケースがとても多くあります。再雇用とは「退職後に、再度あらたに雇用契約を締結すること」であり、再雇用の支援制度を設けている企業も多いです。主婦などは今後減る一方で退職せずに仕事をする人が増えるだけです。残業も少ないので安心です。

定年後の就労方法はどのようなものがある?

薬剤師は専門の仕事で人手不足ですが、体が老化してきており、無理がきかなくなっています。短時間労働が選択できる、ブランク期間後も容易に採用されるなど、恵まれた就業環境を選択することが大事です。時間があるのでよく考えてみましょう。ポイントは以下のようになります。

時短勤務

時短勤務は勤務時間を短縮した勤務方法になります。特に高齢の薬剤師の方はパートやアルバイトなどで働く方がとても多いです。薬剤師は時給がとても高いため、パートやアルバイトだとしてもとても多くの給料を稼ぐことが可能です。大手物流センターなどの運営スタッフ求人もあります。60歳、70歳から新たにお仕事を見つける方が多いです。

週2,3日勤務

パートやアルバイト雇用の場合は、週に数日だけ働くという選択肢を取ることも可能になります。薬剤師は上記でも挙げたように、時給がとても高いため、少ない労働日数でも多くの給料を得ることが可能で生活も両立します。薬局やドラッグストアなどのサービス対応がメインとなる職場が多くなるでしょう。面接では体力面を問われることになります。

アルバイト、派遣は簡単

薬剤師の場合、アルバイトや派遣雇用であればかなりハードルが低いです。シニア層であったとしても再雇用は余裕で可能となります。そのため薬剤師であれば、仮にシニア層であったとしても、簡単に仕事は見つかりますので、やる気さえあれば死ぬまで失業することはないでしょう。

未来の薬剤師

将来的には薬剤師も60代、70代になっても就業するような労働環境になると言われています。そのため未来を見れば高齢者であっても恐らく働く環境が出来上がっている可能性が高いです。人間の寿命も近い将来100年を超えていくのが当たり前と言われているので、労働者も定年がどんどん伸びていく未来になると予想されています。

人生120年も

将来的には人間の寿命は120年を超えるとも言われています。それは現在の世界最高年齢記録は122歳だからです。恐らく人間の最大寿命はこのあたりと言われており、不老化が進んでいますので今後は人生が120年程度まで伸びると予測されているのです。そのため、そこまで計算して人生を過ごしていくのがいいでしょう。

すでに60代でも労働者がいる

自分の周りのお店などに行ってみるとわかると思いますが60代を超えても労働している方はいるのではないでしょうか。今の時点ですでに高齢の労働者がいるということは、未来になったらもっと高齢になっても働いている方がいる可能性が高いです。60代で引退を検討している方は見直していった方がいいかもしれません。

転職エージェントの活用

60代になると、再就職先などで困る方もいるかもしれません。そんなときには転職エージェントを活用することをお勧めします。転職エージェントは多数の求人を持っているため、待っているだけでたくさんの求人を持ってきてくれるため、とても楽になります。面談をしてからサポートを受けてスキルを活かした仕事を探せます。非公開求人の募集も充実しており、もちろんたくさんあります。

コンサルタントに相談してみよう

担当者のコンサルタントにまずは少し相談、話し合いしてみましょう。現状60歳、70歳でも製薬会社などの商品の在庫管理や、薬局店舗で服薬指導、処方箋管理など雇用形態問わず新しい求人情報が柔軟にあります。専門職なので役職付は難しくとも、社会貢献できる仕事や勤務先が十分たくさんあります。薬剤師は新卒でも、定年後でも活躍できるフィールドがいくらでも確保できます。

年金が不安なら軽く働いてみよう

近年は年金問題も深刻です。自身で契約社員などで採用されてお仕事をしっかりされている方も多くいます。薬剤師なので人材としてはとても貴重で体力的に余裕がある男性であれば、フルタイム勤務の仕事は見つかります。そうでなくても副業として仕事をもらう方もいます。薬剤師は医師や看護師などと同様に待遇もそれぞれ良いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました