薬剤師の転職:薬剤師と医療事務の出会い、恋愛はある? 薬局、職場の選び方

業界事情

調剤薬局の人間関係は悪いケースが多いという記事を以下で紹介しましたが、中にはその逆のケースもあります。それは薬剤師と医療事務が恋愛をするというパターンです。毎日狭い空間で一緒に仕事をしていますから恋愛関係になってもおかしくはありません。

薬剤師と事務の恋愛はある?

薬剤師と事務の恋愛はあるかとなると、どちらもあり得るでしょう。ただし、可能性に関してはそれほど高くありません。理由は以下の通りです。男性の薬剤師と女性の医療事務の組み合わせは意外とあります。

断られたら働きにくい

薬剤師と医療事務の組み合わせは調剤薬局や病院でのケースがとても多いです。これらの場合はいつも狭い空間で少人数が長時間ともに仕事をします。しかしある日、告白をして断ってしまったら、仕事もやりにくくなってしまいます。それがゆえに好意を抱いたほうは相手に伝えることに対して躊躇しがちです。今の職場における関係が崩れることにもなります。

女性ばかり

そもそもになるのですが、薬剤師も医療事務も女性ばかりになります。そのため男女の組み合わせになるというケースだとても稀なのです。それがゆえに恋愛という関係が生まれる可能性自体がなかなかないというのが実態です。

選民意識

薬剤師の場合は医師ほど選民意識はないですが、薬剤師の場合は両親が医師であるケースも多いです。普通の医療事務と交際することに対して反対することもあり得るので、こればかりは家庭によるとも言えるでしょう。

給料が違う

医療事務は年収300万程度になります。それに対して薬剤師の場合は年収が500万円以上になりますからかなり格差があるでしょう。そのため、薬剤師側が事務を見下しているケースもあります。

医療事務と薬剤師の共通点

医療事務と薬剤師には実は共通点がいくつかあります。

出会いがない

両者ともにそもそもになるのですが、出会いの機会はありません。どちらも狭い空間で同じ面子で長時間仕事をしているだけですから、出会いの頻度はほとんどないに等しいのです。少なくとも、職場関係での出会いはないです。

休みが不定期

もし同じ職場の場合は薬局になると、休みがシフト制になります。その休みが合うタイミングを見つけてお誘いをすることになるでしょう。ただシフト制であるということはなかなか合わないケースもあり得るということにもなります。

転職先も似たところになる

医療事務と薬剤師は別の職種ですが、職場になりえるところがとても似ています。ドラッグストアに病院、さらには薬局とマッチするところが多いです。また職場も似ているので話しや意見も合いやすいです。思った以上にかみ合うでしょう。医者との組み合わせと比べれば生活レベルでも近いですから、チャンスがあります。

告白するべきか?

告白するのが薬剤師であろうと、事務であろうと、本当に好きなのであれば告白はした方がいいでしょう。ただし付き合うにしても、断るにしても、以下の点は考えましょう。悩みを抱えている方は多いです。

既婚か未婚か

既婚の場合は結ばれることはないですから、事前に確認をしておきましょう。時間があるときにさりげない質問をしてみることも一つの手です。おなじ薬局スタッフですから、簡単に会話する時間もあるはずです。

医療従事者同士の結婚は多い

医療従事者同士の恋愛はその後結婚するケースが多いです。医師の場合は医師同士で結ばれることが多いですが、それ以外である薬剤師、看護師、事務、臨床検査技師などは結ばれることがとても多いです。職場への理解もあるため、価値観もマッチしやすいのがポイントです。

薬剤師は万能選手

薬剤師ともし結婚ができればメリットはとても大きいです。薬剤師は仕事も高齢になってもできますし、求人は多いですし、非正規雇用でも一般の正社員並みにもらえるからです。どのような生活スタイルになったとしても順応できるのが薬剤師なので、とても強みになります。薬剤師はモテるので、事務員の彼女のほうから告白をした方がいいでしょう。

シフト制

もしお付き合いに発展した場合、職場が薬局やドラッグストアで、さらに同じだとシフト制になるでしょう。少し会えない時期があったり、会える時期が都合よく重なったりもします。もう気持ちがあうのであれば積極的に行きましょう。

断られたら転職も

もし同じ職場の異性に対して告白をして、断られてしまったら転職を考えたほうがいいでしょう。純粋に仕事はめちゃくちゃしにくくなります。精神的にいるのがきつくなりますので、それが嫌なら告白は諦めましょう。それでも好きなら砕けて転職していくのがいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました