薬剤師の転職:ブランクがある場合 職場への復職、転職のポイントや成功方法解説

業界事情

ブランクがある薬剤師が職場に復職、又は転職するさい不安を解消するためのポイントを解説します。薬剤師はとても需要の高い職種ですが、全員がとても充実した仕事をできているわけではありません。ブランクができてしまう方も多くいます。これは子どもを持った方や精神的に崩れて、精神科に通っているような方もいるでしょう。これらの方が社会復帰を目指す場合、どのような方法がいいでしょうか。

薬剤師業界は何年からがブランク?

ポイントとして薬剤師業界は何年からがブランクになるのでしょうか。一般的には2年程度ブランクが開いてしまうと、期間が空いていると認識されるようになります。なぜかというと、医療制度(調剤報酬や薬価など)は2年に1度変わるからです。そのため、2年が経過すると聞き慣れない薬や情報、制度が出てくるパターンが多くなり知識やスキルがストップしてしまうからです。そのため、2年を過ぎたあたりから復帰する難易度が少しずつ上ってくるのです。研修や教育を再度受ける必要もあります。

ブランクがあっても薬剤師の転職は出来る?

キャリアにブランクがあっても医療の現場対応において薬剤師の転職は比較的簡単なほうですから安心です。ただしこれはあくまで薬局やドラッグストアの場合になり、製薬会社などの一般企業勤務を目指す場合はなかなか厳しめ。つまり業界次第ということになります。同じ薬剤師でも場合によっては新しい資格の取得などしていかないと人材としての価値は下がります。専門の知識はありますから大変ですが福利厚生の良い会社への転職はできます。フルタイムで受け入れてくれるところは多いです。

ブランクがある薬剤師におすすめの職場

お勧めの業界は言うまでもなく、ドラッグストア、調剤薬局、病院のどれかになってくるでしょう。上記でも説明した通り、製薬企業や化粧品メーカーなどは一般企業と価値観が似ているため、なかなか正規雇用では戻れません。現在戻るとしたら契約社員、パートやアルバイト雇用を準備し、検討しましょう。基本的にタイミングがよければ最初に頑張れば費用もかからずすぐに採用されます。年齢やノウハウがあるかどうかも影響します。

ドラッグストア

ドラッグストアは求人の掲載の数も豊富で多く、ブランクのある薬剤師におすすめの職場です。ドラッグストアの業界はとても好景気であるため、未経験OK、ブランクOKの求人が多くあります。ドラッグストアは年中無休で夜遅くまで営業しているところも多いため、しっかり休めるのかどうかはチェックしておくことが重要になります。電話対応など苦労もあります。

調剤薬局

ドラッグストアと同じく調剤薬局もブランクのある薬剤師におすすめの職場です。未経験OK、ブランクOKの求人が多くあります。調剤薬局の新規出店が増えている背景もあるため、転職は比較的容易になります。業務内容がある程度決まっているため調剤結局の経験がない方でも適応しやすい必見の職場と言えます。明確に職場復帰がしやすい分野です。仕事の感覚を取り戻すうえでもおすすめです。

病院

即戦力が求められる急性期病院や大学病院などでは、経験がない薬剤師よりも中途採用ですぐに業務に入れる薬剤師の方が重宝されます。しかし病院によってはブランクOKの求人もありますので再就職も気軽にできます。一般的にドラッグストアや調剤薬局に比べて給与が低く設定されている病院が多いです。良くアピールすれば少なくともいくつか勤務先は本当に見つかるはずです。

ブランクがあっても正社員になれる?

薬局やドラッグストアで働くのであれば正社員になることは十分可能になります。薬局やドラッグストアで働く正社員なら、経験を積んで管理薬剤師を目指すことも可能になります。雇用期間に定めがないことが多いため、長く働ける雇用形態だといえるでしょう。残業せざるをえないこともあり、時間が拘束されてしまうこともありますので注意です。入社するさいは高く評価をしてもらえるところで理解してくれる会社が好ましいです。

ニートの場合

薬剤師になっておきながらニートになる人と言うのはかなりの少数派と言えるでしょうが一定数はいます。ニートの場合は、まず正社員は難しいでしょう。とりあえずアルバイトや派遣などで職歴を積んでいくことが望まれます。職歴を積んでいけば正社員になることはとても簡単です。考えるうえで情報収集をして問題を解決していきましょう。

3年以上ブランクがある薬剤師

3年以上ブランクがあると、現役時代に覚えていた知識は忘れてしまいます。そのためほとんどボケているような状態から仕事をすることになるため、正社員はかなり高いハードル。勉強会など参加して教育をしてさまざまな実務の知識を日々初めから覚え直さなければならないと考えた方が良さそうです。把握するまでたくさん時間がかかるでしょう。

勉強しなおし

ブランク期間が長くなってしまうと、世の中の流れに取り残されている可能性もとても高いです。そうなってしまうと色々な意味で不安や悩みを抱えて勉強のし直しが必須となります。新薬の勉強もしたほうがいいですし、法律が変わっている可能性もあります。勉強法はeラーニングや本などさまざま。最新の患者の服薬指導、処方箋や薬学など学ぶことは多いです。自身で解消していく必要があります。

子育てをしている場合

子供の出産や育休、育児のために休職して休みで大きくブランクができた薬剤師も多くいるでしょう。時短勤務などの子育てに関する支援制度の使用を検討する人も多いと思います。制度の使用を希望する場合は、応募先企業の社内制度をしっかり見つけることで確認をしておかなければならないです。もちろん勤務時間が短時間でも余裕で働ける職場もあります。ただし人間関係の負担は増えます。

パート・アルバイトで社会復帰

正社員が難しいのであればパート・アルバイトがあります。薬剤師の場合は時給が高いため、パート・アルバイトでも高い収入を期待できます。さらに自由度がとても高いです。自宅近くで働いたり、子どもの帰宅時間に合わせて仕事を終えられるため、仕事と育児の両立がしやすい雇用形態だといえるでしょう。ただし、キャリアアップを目指すのは難しいのが現状です。

面接対策

ブランクを持っている方の場合、面接で100%必ず聞かれることになります。そのため、「なぜブランクがあるのか?」の理由をまとめておくことが大切です。聞かれたら、できるだけポジティブな意見を言えると良いでしょう。ネガティブな理由は絶対に言わないほうがいいです。できるだけ、事前の練習をおすすめします。

転職エージェントがおすすめ

ブランクがあると、医薬品などの現場で転職がそもそも決まるのかどうか不安を持つ人はとても多いです。そんな方々にお勧めなのは転職エージェントになります。キャリアコンサルタントが探すさいにあなたの就職をバックアップしてくれますので、頼ることができるようになります。インターネットでは簡単に登録してサポートを活用し受けられます。選ぶさいはサービスの利用規約やよくある質問などの点もチェックしましょう。オンラインでアドバイスも受けられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました