薬剤師の転職:薬局の人間関係は最悪? しんどい理由

業界事情

薬剤師の職場の人間関係は薬局だと特に悩んでいる調剤事務の方が多いです。理由やポイントを解説します。薬剤師の大半の就職先は薬局、ドラッグストア、そして病院と言われています。その中でも人間関係が比較的悪化しやすいのが薬局と言われているのです。薬局の環境はなぜ最悪と言われてしまうのか、まとめてみました。

薬局の人間関係が最悪である理由

薬局勤務における人間関係というのはどうしても極端に劣悪でイライラしやすいと言われやすいです。悩みやストレスが多いと言われています。ではなぜそういわれてしまうのでしょうか?雰囲気の良し悪しは就職前に店舗に可能であれば実際行ってみることでスタッフの現場環境や患者の客層など状況確認できます。これでもちろん転職の失敗原因を防ぐこともできます。話の情報をまとめて紹介します。経験をしていないと気持ちがわからないかもしれませんが伝えることで何か感じると思います。

業務が多くて緊張感がある

薬局勤務になると規模問わず調剤をしていればいいだけではありません。薬剤師の方は全般的に内向的な方が多いということもあり、対人業務を要求されているケースも増えています。そのため近年は薬剤師はとても忙しくなりました。職場が忙しくてお互い依頼を出すにもピリピリしやすく必ず嫌になっています。大きくミスをするととてもつらい精神状態になりますので注意。朝起きるのも嫌になっていきます。

狭い環境で長時間勤務

薬局の場合は、狭い空間で正社員でもバイトでも複数の人たちが長く忙しい時間勤務するというとても息苦しい環境に置かれます。通路も1人が通れる幅しかなく、不快感を感じやすいともいえるのです。業務中は、常に同じ人と接していなくてはいけないので、相性が悪いとまさに地獄になります。事前に面接のさいに見学してみるのもいいでしょう。

同僚と合わない

以上のように、とても狭い空間で仕事をしますので、先輩や上司などと相性がとても悪い場合は、毎日ストレスを抱えてしまうことになります。単純に性格や考え方が合わない場合も少なくないですから、こうなってしまうと転職しかないでしょう。疲れてしまって仲も悪く、評価もひとつも上がりません。困った方は職場を変えて関わらないことが大切。

薬局事務と薬剤師の相性

事務と薬剤師の関係性が問題になるケースが多いです。これは薬剤師が収入が多く、事務員を見下しているケースや、忙しくてピリピリしているケース、性格の悪い薬剤師がいる職場に起こりやすい現象です。事務と薬剤師の関係性が悪い薬局は意外と多くありますので辛くなります。気軽にマネージャーと話しもできない環境だと支援もないので詰み。スキルがあっても修復できない関係になります。

店舗間の異動がない職場

薬局でも中小企業の場合はそもそも店舗間の異動が全くないケースもあります。大手の薬局などは、人間関係がうまくいっていないと、店舗間異動で対策をしていることが多いですが、中小はありません。人間関係の悪い職場に当たるとゲームオーバーです。余裕もできず、成長もできず、プライベートも仕事のことを意識してしまい悪循環です。新人はとくに入社してからお仕事のことでやる気をなくします。

いじめがある

いじめやパワハラ、セクハラなどがある職場は最悪。これがさらに薬局となると狭い空間で仕事をしますから、もうどうにもならないでしょう。女性の職場の場合は陰湿ないじめも多くあります。ほとんどの方は辞めていくことになってしまいます。医療だと女性が多く、コミュニケーションなどで印象が悪いと少し接し方が変わっていきます。勤めてても精神的な負担が増えていきます。

人間関係が最悪でもう耐えられない

以上のようにそもそも人間関係が最悪の場合は耐えられないと考えるのが普通でしょう。そんなときには以下のような手段で解決するしかありません。関係が悪くなったり立場上何も言えないような環境のときは以下をチェックしましょう。家族にそれぞれ相談してみるのも手です。最近エリアによっては採用も増えていますから改善するために転職と言う手があります。

異動希望

機会があれば勤め先で異動希望を伝えましょう。人事部に電話でやり取りをしてもかまいませんし、社内に相談窓口などあれば相談してください。と言ってもこれができるのはある程度大きな薬局で限定されています。中小の薬局の場合はそもそも移動もできないでしょうから、こんな選択肢はありません。

休職

これは一時的な気休めにしかならないのですが、一旦職場から離れるという選択肢があります。これをすることによって一時的にとはいえ、ストレス解消が見込めるでしょう。しかしこの時期に今後、転職を見越して活動を開始することも検討しておく必要があります。

受診

もし職場環境のせいであれこれ何らかの強いさまざまな異常現象やプレッシャーが自身の体や心に起こる場合は、とにかく絶対病院へ行くことが重要です。無料で面談をして最低限の対処法として医師の担当が休職すべきと判断した場合には診断書が出されます。迷ったら診断書を会社に提出して休んだ方がいいです。

退職

退職、辞めると言う手もあります。よほど精神的限界に追い詰められているのであれば、難しいので退職して精神的な面で一旦休養を取ることも大事です。しかし企業の中には異常な引き留めをしてくるケースもあります。その場合は退職代行サービスを利用することをお勧めします。お金にこまってなくて、後悔しないのであればしっかり交渉して退職がベスト。

転職

労働者にできる最後の選択は転職になるでしょう。薬局のような閉鎖的な環境の場合、あまり解決策がない場合が多いのが実態です。当ブログでお勧めするのは一般企業であるCRO業界や製薬業界への転職です。狭い空間で仕事をすることもありませんし、接客業務もありませんので苦手な方にはとてもお勧めです。運営のコンサルタントのサポートがかなり充実していますので、仕事探し(雇用形態)、面接対策、調整など教えてくれます。専門職種なので人材として優遇されますので見つけやすく比較的決まっていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました